2006年04月20日

花との出会い

早いもので、花が我が家に来て、今日でちょうど1年になりました。
それ以前から、我々夫婦は「犬を飼いたいね」とよく話し合っていたのですが、転勤もあるし、ましてや借り物の住居では、なかなか想いは叶いませんでした。ところが一昨年、何を思ったか、この地に家を建ててしまい、ふと「あっ、そうか。もう自分の家なんだから犬を飼っても誰にも文句を言われないんだ」と気づいてからは、犬を飼いたい病がにわかに現実味を帯び、散歩がてらペットショップを覗いたりしたものです。
ある日、いつものようにペットショップをうろうろしていた私の目に「犬あげます。ビーグルMIX 8匹産まれました」という張り紙が飛び込んできました。「ビーグルのMIXなら、大人になってもせいぜい10kg程だろうし、何より雑種は体も丈夫と聞く、こりゃあいい」というわけで早速、張り紙に書いてあった連絡先に電話をしました。住所を教えてもらい、車を飛ばして犬たちに会いに行くと、8匹のうちオス4匹は既にもらわれていったとのこと。レモンカラーのビーグルの母犬と一緒にコロコロ遊ぶ、メスの子犬4匹と対面しました。
なかでもとても元気がよく、人懐っこい1匹を見て「この犬にします」と言おうとした瞬間、その犬の下半身がおしっこに濡れていたので、「あ、やめた、こっちでいいや」と、ちょっとボーッとした1匹を貰うことにしました、それが花でした。
生後1ヶ月で母犬と引き離すのは、まだ早いかなと思い、また連休にちょっとした旅行の計画も立てていたので「ゴールデンウィーク後にしましょうか?」と飼い主さんに聞くと、その間に気が変わってしまうといけないと思ったのでしょう「いえいえ、差し上げますから、すぐ連れて帰ってください」とのこと。前の年にはちゃんとビーグル同士交配させたのが、その年には気がついたら妊娠していたそうで、里親探しに苦労されているようでした。かくして花は、宅急便の箱に入れられ、文字通り我が家の「箱入り娘」となったのでした。
まぁ、それからが大変で、その話はまた今度・・・・

20060420.JPG
母犬のにおいのついたタオルで眠る花
体重1.8kg 現在の1/5以下でした

今日のトレーニング 私が止まったら何も言わなくてもスワレ
今日のメニュー ドッグフード&ヨーグルト

ニックネーム 空 at 07:01| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする