2006年06月30日

バトン

バトンなるものが回ってきた。

が、祖母の遺言で「回していいのは、皿と猿だけ」と決まっているので
こんなことに・・・・

真面目な人は読まないでね

ニックネーム 空 at 07:08| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

立入禁止

家人が「お茶」をするので、家を建てたときに和室に炉を切って、廊下に水屋を造り、なんちゃって茶室をつくりました。
なんちゃってとはいえ、お茶室というおごそかな場所ですから、花は立ち入り禁止です。
ほんの子犬の頃から、ちょっとでも足を踏み入れようものなら「NO!!」と大声でたしなめたので、今ではたとえ遊んでいてボールが転がり込んでも、許可なく立ち入ることはありません。
「アタチは入っちゃイケナイんだ」と理解してくれている、と思っていました。

ところが・・・・・

我々が他の部屋にいるときこそ、勝手に立ち入らない花ですが、こちらが和室にいると、何の躊躇もなくトコトコと入ってきます。
「コラー、ダメでしょ!」と叱っても「エーッ!なんで?あんた達は入ってるじゃない」と不思議そうに見上げています。
どうやら「花だけ立入禁止」ではなく「全員立入禁止」と理解していたようです。
なので、家族に限らず、誰か一人でも和室にいようものなら「ヤッホー、アタチもー」と畳の上を楽しそうに走ります。

再度、教育しなおさねばなりませんが、「お前だけダメ」なんて、どうやって教えたものか・・・・・


20060629.JPG


今日のトレーニング 犬とすれ違うときに、吠えたらダメ
今日のメニュー ドッグフード&豆乳&ヨーグルト

ニックネーム 空 at 07:19| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

誕生日によせて

DSCF0027.JPG今日は、妹が飼っている黒ラブ・CASHの1歳の誕生日だそうで・・・・

犬ってのは、ネズミや鳥ほどではないにせよ、我々人間から比べると、悲しいくらい猛スピードで歳をとりますね。
だからこそ、1年、1年、ひいては1日、1日が大事なのです。
ウンチを踏んづけてみたり、せっかく買ったおもちゃをアッという間に壊してみたり、おやつの袋を破いて盗み食いしたりと、手を変え品を変え、いろんなことをしでかしてくれますが、どれもこれも後になってみると、きっといい思い出になる筈です。
一緒にいられる限られた時間の中で、全身全霊を傾けて、笑いや愛情を表現してくれるパートナーである犬たちが、どうか1日でも永く、1頭でも多く、幸せでありますように。

そしてCASH、誕生日おめでとう。また、よろこび溢れる1年でありますように。


DSCF0018.JPG


今日のトレーニング 公民館でマテ
今日のメニュー ドッグフード&豆乳
ニックネーム 空 at 06:53| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

しっぽ

一昨日、花の泳ぎを見ていて、気がついたことがひとつ。
方向転換するときに、体をねじるのはもちろんですが、シッポを舵のように使うんですね。
もちろん、本人は意識してやっているわけじゃないでしょうが、本能とはいえ、右に左になかなかうまく使うもんです。
ついでに、うれしいときみたいに、バタバタ振ればもっと推進力が増すのに、なんて思ったりしますが。

こうして、毎日、海で泳がせたら、数年後には進化してアザラシに・・・・なるわけないか。


20060627.JPG
昨年の今頃、生後3ヶ月で初泳ぎ


今日のトレーニング 股くぐり
今日のメニュー ドッグフード&ヨーグルト
ニックネーム 空 at 07:10| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

漂流犬

づかれた〜!!月曜の朝というのに、遊び疲れです。
天気のいい土日というのは、いいですねぇ。
あ、梅雨真っ只中の地域の方、すいません。ここはもう、夏なもんで。

海でシュノーケリングするときに、今までだと夫婦どちらか一人が、陸で花を見ていなければいけなかったので、こんな子供用ボートを買ってみました。
これだと、泳ぎつかれた花を、ポンと乗せておいて、潜るとこまで引っ張っていけばいいのです。
それにしても、この情けない表情はなんでしょう・・・・
昔、乗っていた船が難破して、米の捕鯨船に助けられたというジョン万次郎も、そのときはこんな表情だったのでしょうか?


DSCN1206.JPG


今日のトレーニング ハイタッチ
今日のメニュー ドッグフード&じゃがいも&ヨーグルト
ニックネーム 空 at 07:07| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

ハブ

あづ〜〜〜
梅雨明けとともに、突然真夏になりました。
約1ヶ月もの間、雨降りだったので「やはり太陽はありがたい」と思いつつも、この日差しの強さには少々バテますね。
さて、夏の訪れとともに、ヤブ蚊、ゴキブリ、セミ、ヤモリ、酔っ払い?・・・と皆さん活動が盛んになってきます。
なかでもハブには要注意。

先日の草刈のときに、「アウトドアのベテラン」ゴールデンのキートン君の飼い主さんから、「さっき見回りしたら、奥のほうでケモノ臭いニオイがしたので、ハブかもしれない。だから、フリーにしないほうがいいよ」と言われ、あわてて花を繋ぎました。
犬はなんでも鼻を近づけて、ニオイを確認しようとするので、顔を咬まれるケースが多いようです。
犬より大きな人間でも、咬まれれば、滅多に死ぬことはないにしても、あまりの激痛に意識を失ったり、後遺症に苦しむことになるのですから、チビ犬の花ではひとたまりもありません。

ハブ退治の目的で、はるばるインドから連れてこられたマングースは、畑やゴルフ場でよく見かけますが、わざわざ危険を冒してまでハブなんか獲らずに、天然記念物のヤンバルクイナを襲ったりしていますから、これは役には立ちません。

もし見かけても、近づいてニオイを嗅いだりしないように「ヘビは恐ろしい」ということを、花に教えなくてはいけないのですが、どこかにエキストラをやってくれる無毒のヘビさんは、おりませんでしょうか?


20060624.JPG
キートンくん 

今日のトレーニング 股くぐり
今日のメニュー ドッグフード&あまった玉子の白身
ニックネーム 空 at 06:28| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

犬とトリ

沖縄に来る前は、札幌勤務だったことがあるのですが、これはそのころ、札幌で同僚に聞いた話です。

彼のふるさとは青森県の五所川原市。
行ったことはありませんが、むかーし、吉幾三さんの歌でチョイ有名になったところです。
吉幾三さんという名前が出てくるくらいですから、きっとのどかな田園風景なのでしょう。
隣の家まで、数百メートルという土地で、彼の母親は一人暮らしをしているので、「いくら田舎とはいっても、無用心だ。なら、犬でも飼おう」ということになり、黒い雄のラブラドール・レトリバーを飼い始めました。
番犬の意味もあったので、室内ではなく外で飼っていたのですが、どんどん大きくなって犬小屋が手狭になってきました。
庭先に鳥小屋があって、ニワトリが5,6羽いたのですが、その鳥小屋は大きさ的には、ラブラドールを入れるにはピッタリです。
なら、ここでいいか、とニワトリと犬の共同生活が始まりました。

数日は何事もなく過ぎたものの、ある日、朝起きると普段なら「コーッコッコッ」とうるさい鳥小屋がシーンとしています。
様子を見に行くと、ニワトリは見当たらず、犬しかいません。
「ありゃ、夜中のうちに逃げたか?」と出入り口を確認しましたが、カギはちゃんとかかっていますし、網に破れ目もありません。
よーく見ると、小屋の中のあちこちに、トリの羽がちらばっていました。
ってことは・・・・?

どうやら、黒ラブ君が夜のうちに「いただいた」ようでした。
そのお母さん、そのときまでラブラドールという犬が「鳥を回収する猟犬」ということを、全く知らなかったのでした。
にしても、よく一晩で5,6羽も食べたもんです。
さぞかしお腹いっぱいだったことでしょう。


20060623.JPG


今日のトレーニング 公園でマテ
今日のメニュー ドッグフード&大根&レバー
ニックネーム 空 at 07:03| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

ご挨拶

本日はお日柄もよく、当ブログをご覧の皆様におかれましては、お健やかにお過ごしのことと存じます。
さて、去る18日にセラピー犬認定試験を受験いたしましたことは、既にご案内の通りでございますが、昨夕、お電話にて協会より合格のお知らせをいただいきましたことを、ここにご報告申し上げます。
思い起こせば、ミレットさんにお誘いいただき、はじめての協会の運動会に参加いたしましてより、はや半年。
ときに褒められ、ときに叱られ、日夜訓練に勤しんでまいりましただけに、喜びもまた格別なるものにございます。
かくなる上は、諸先輩方を見習い、新たなる目標に向かって、更に研鑽を重ねてまいる所存でございますので、皆様には引き続きご指導、ご鞭撻を賜りますれば幸いでございます。
甚だ簡単ではございますが、これをもちまして、セラピー犬就任のご挨拶とさせていただきます。

                  平成18年6月22日   花

って、花がこんなかたいこと言うわけないか。

20060622.JPG

今日のトレーニング 公民館でマテ
今日のメニュー ドッグフード&レバー

ニックネーム 空 at 07:09| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

花のお友達 その3

花の一番のガウガウ友達、三太くんです。
なにが一番かというと、犬見知りの花が唯一「お尻のニオイを嗅がれても平気な相手」なのです。
兄弟以外では、初めて一緒に追いかけまわって遊んだ相手で、いまでは相思相愛の仲。

三太くんの飼い主さんは、保育園の園長さんなので、遊ぶときは、ありがたいことに保育園まるごと「貸切」状態で心ゆくまで走り回れます。
花にとって、ものすごーく楽しいひとときらしく、保育園の近所の「におい」まで、しっかり憶えています。
なので、車に乗せて保育園の近くまで行くと、約300メートル手前から、ケージの中で「ヒーン、ヒーン」と鳴き出しますから、遊びにいくときは車の窓をしっかり閉めて、エアコンも内部循環にしておかないと、うるさくてかないません。

週に一度、その保育園で三線教室があり、そのときが2匹にとって、楽しいたのしい遊びの時間なのですが、2時間もの間、追いかけたり追いかけられたり、ガウガウ取っ組み合いをしたりと「ひょっとして、お前たちって・・・・バカ?」ってぐらいクレイジーになれるお友達です。

花同様、三太くんにとっても、毎週、心待ちにしている大切な時間らしく、今では三線の音を聞いただけで、「アッ!花が来るッ!!」とソワソワ落ち着きがなくなるそう。
これぞまさに「パブロフの犬」ってやつですね。

20060621.JPG

今日のトレーニング コイ、アトヘ
今日のメニュー ドッグフード&ヨーグルト
ニックネーム 空 at 07:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

筋肉痛

日曜日の午前中、つまりはセラピー犬試験の前ですが、協会の訓練に使用しているグランドの草刈のお手伝いに行ってきました。
といっても、普段使い慣れない鎌など持って、炎天下での作業ですから、私なんぞは働いている時間より、休憩している時間のほうが長かったくらいで、あまり役には立ちませんでしたけどね。
なのに・・・・

なーんか昨日から、お尻のまわりが痛いなぁと思ったら、すっかり筋肉痛です。
中腰でメッタやたらと鎌を振り回していたので、左右の臀部がイタイ。
で、なぜか痛いのはそこだけ・・・・
日ごろの運動不足を痛感いたしました。

草刈には全然関係なかったのですが、花も連れて行ってちょっと遊ばせたので、午前のお遊びと夕方の試験のダブルパンチで、帰宅してからは画像のように「死体」と化しておりました。
体力のない主従であります。

20060620.JPG

今日のトレーニング 立って
今日のメニュー ドッグフード&ササミ 

ニックネーム 空 at 07:06| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

セラピー犬試験

昨日は、夕方からの突然の雨にもめげず、セラピー犬の試験に行ってまいりました。
セラピー犬の試験とはいえ、NHKドラマ「ディロン〜運命の犬」のシーンであったような、インドアでのそれではなく、屋外での試験です。
雨嫌いのお嬢様におかれましては、どうなることかと心配しましたが、幸い雨もすぐ上がり、試験自体も庇のある、濡れないところで行われたので、助かりました。

で、結果はというと・・・・

前回よりは、どの項目もデキはよかったんじゃないかな?と思っています。
100点満点中、90点以上で合格なのですが、前回85点で今回はそれ以上ってことは・・・・おぉ?!
と、期待も膨らみますが、あくまでも自己採点なので、飼い主の贔屓目ってのもありますからね。
いずれ協会から結果が知らされるので、その時またUPします。

まぁ、合否どっちにしろ、引き続き日々訓練です。先はまーだまだ長いのだ。

DSCN1171.JPG
マテと言っておきながら、リードを引っ張っています。
「どっちやねん」と思っているのでしょうか?

DSCN1175.JPG
耳や首、背中の皮を引っ張られております。
少々ビビッていますが、なんとか耐えました。
ガウっとやっちゃうともちろん失格です。

今日のトレーニング 離れて待つ
今日のメニュー ドッグフード&レバー
ニックネーム 空 at 07:02| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

ワールドカップの国で・・

昨日の話を書いていて、思い出したことですが・・・・

昨年、家人の従兄弟の一家が、ドイツから夏休みで沖縄に帰省していました。
この家族の一人に高校生の男の子がいて、私に「ねぇ、ギター教えて」と我が家によく遊びに来ていました。この男の子は、ミョーな関西弁とドイツ語をしゃべるという、まことにおもしろいコなんですが、それはさておき。
これはそんな彼から聞いた話です。

一家が日本からドイツに行って間もない頃、引越しの片付けも一段落したので、ちょっと近所まで散歩に出かけたそうです。
住宅街の中に、ちいさな公園のような場所があって、道路から一段下がって、芝生が張ってあり、日当たりもいいので「あぁ、いい場所だね」とそこに入ってしゃがんだり、寝転がったりしていたそうな。
ふと気づくと、犬のウンチがあって、よーく見るとそれもひとつやふたつじゃなく、そこかしこにあったのだとか。
「うわ、マナーが悪いなぁ。なんでこんなにたくさん。それにしても誰も文句は言わないのかな?」と早々にそこを立ち去りました。
後で人に聞くと、なんとそこは公共の犬のトイレ場所だったそうです。

現地の人は、「犬のトイレで楽しそうにくつろぐ、変な日本人」と、さぞかし奇異に思ったことでしょう。
お弁当をひろげなかったのは、不幸中の幸いでした。

20060617.JPG

今日のトレーニング 久しぶりに散歩
今日のメニュー ドッグフード&ササミ
ニックネーム 空 at 08:13| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

持って帰ろう!!

同じ沖縄県でも、那覇の中心部はいざ知らず、我が家のある中部地域では、犬の散歩のときにウンチをそのまま放置する人が、残念ながら圧倒的に多いのが現状です。
特に雨上がりの夕方など、お散歩わんこが急に増えるので、あっちにウンチ、こっちにもウンチと歩道はウンチだらけ。
雨後のタケノコとは言いますが、雨後のウンチはいただけません。

それこそ、いろんな人がいます。

スコップ1本持ち歩き、犬のウンチを掬い上げるや、ポイっと何の衒いもなく、他人様の畑に投げ込むおじさん。

ジーっと見ていると、ポケットから何やらゴソゴソ取り出すので「ほほー、拾うんだな。感心、感心」と思って通り過ぎ、しばらくして振り返ると、なんとウンチはそのまま!
ガーン、ポーズだったのか・・・・っていうおばさん。

丁寧に新聞紙にくるんだと思ったら、その丸めた新聞紙を側溝に投げ込む、何を考えてんだかわからない外人。

まだこういう人達はましな方で、一応「さすがに、置きっぱなしはマズイかな?」という思いからこんなことをするんでしょう。
なら、もうひと頑張りして、自宅に持って帰ってほしいものです。

ここ(沖縄)が気に入って住んでいるので、あまり悪口は言いたくないのですが、美ら島(ちゅらしま)がいつまでも本当に美しくあるために、せめてウンチは拾いましょう。

20060616.JPG

今日のトレーニング 食べる前は「いただきます」と
今日のメニュー ドッグフード&ヨーグルト
ニックネーム 空 at 07:12| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

リーダー

セラピーにしろ、災害救助にしろ、はたまたアジリティーにしろ、訓練の基本となるのは「服従」です。
言葉で「服従」なんて書くと、なにやら犬に無理強いして、虐げることのように思う方もいるかもしれませんが、要は「常に犬をハンドラーのコントロール下に置く」ということ。
これがちゃんとできれば、危険回避もできるし、ひいては犬を守ってあげることにもなるのです。

と、言うのは簡単ですが、これがなかなかムズカシイ。
犬に尊敬されるリーダーになるってのは、けっこう大変なんですね。

さて、花ちゃんは私をリーダーと思っているのでしょうか?
普段は渋々ながら、だいたい言うことをききますが、「常に」というわけではありません。

以前、私が風邪をひいて、数年ぶりに39.5℃という高熱を発し、ウンウン唸っているときに、チョコチョコっと寄って来て「おー、心配してくれてるのかな?」と思ったら、ヒザにマウンティングされて、あやうくリーダーの座を乗っ取られるところでした。

こちらが弱みを見せると、即座にクーデターを企む「不満分子」のようですから、不安定政権の我が家では、おちおち風邪もひいていられません。

20060615.JPG

今日のトレーニング ヨシというまで伏せてなさい
今日のメニュー ドッグフード&大根&レバー
ニックネーム 空 at 07:06| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

獣医師の涙

昨日のつづきになりますが・・・・

残念ながら亡くなってしまったワンコの処置が終わって、動物病院の先生は、タオルで汗と涙を拭き拭きしながら、花を診察してくれました。
獣医師さんなので、生命の誕生も辛い別れも、一般人よりはたくさん見ているはずなので、目の前の「死」というものに対してもっとドライなものかと、失礼ながら勝手に思い込んでいましたので、涙はちょっと意外でした。

「さっきのワンちゃんは子犬の頃から、ずっと見てきたかたら・・・・つい・・すいません」

と、目を真っ赤にした先生を見て、「この人が、花のかかりつけのお医者さんでよかった」と思いました。

不本意な死であったにせよ、こうして泣いてくれる人が飼い主以外にもいるのだから、誰が何と言おうと、あの犬は幸せです。

20060614.JPG

今日のトレーニング 見てなくても座っとけ
今日のメニュー ドッグフード&ヨーグルト

ニックネーム 空 at 07:04| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

「いってらっしゃい」の罪

先日、動物病院に行ったときに、とても悲しい光景を目にしました。

花を連れて待合室に入ると、ガラス越しに見える診察室の中が、ただならぬ様子です。
先生やスタッフの方が忙しそうに立ち働き、酸素ボンベなども見えて、一頭の犬がまさに危機的な状況なのがすぐにわかりました。
10分ほども続いたでしょうか、酸素吸入や心臓マッサージの甲斐もなく、その犬が息を吹き返すことはとうとうありませんでした。

梅雨の長雨つづきで、なかなか散歩に連れて行ってあげられないのを、不憫に思ったのでしょう、それまでにも何度かやったことがあったので、外に出たがる犬をつい「いってらっしゃい」とフリーにしてしまったそうでした。
しばらくして帰っては来たものの、朝ごはんをもどし、グッタリした後、痙攣しはじめたので動物病院に連れてきましたが、そのときは既に心肺停止状態だったようです。
どこかで、除草剤か殺鼠剤のような毒物を舐めたことによる中毒死でした。

この時期は、雨が多いので、農薬やナメクジよけの薬などが溶け出して水に流され、普段なんてことないような水溜りでさえ、危険になることがあるそうです。

「こんなことなら、もっと大事にしてあげるんだった。ごめんね、ごめんね」と遺体に向かって泣きながら話しかける飼い主。
子犬の頃からのかかりつけ医だったという先生も、涙を流しておられました。

自分にも悲しい経験がありますが、犬は飼い主の目の届かないところでは、フリーにするもんじゃありません。
飼い犬の判断力なんて、人間社会の中では、たかが知れています。
長年一緒に暮らしてきて、ほんの一瞬の油断で、かけがえのない命を失ってしまうこともあるのです。
犬を飼うということ、命を預かる責任の重さを、改めて思い知りました。

DSCN0946.JPG

今日のトレーニング 久しぶりの散歩、外でマテ
今日のメニュー ドッグフード&豚バラ

ニックネーム 空 at 07:10| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

犬の洞察力

この歳になるまで、犬を室内で飼ったことがなかったものですから、今更ながら犬の洞察力の鋭さに驚いております。

例えば、家にいて、玄関のチャイムが「ピンポーン」と鳴ったとき・・・・

○○の訪問販売とか宗教の勧誘とか、「ありゃ、出たくないな、居留守使っちゃおーかなー」ってときに限って、花はけたたましく吠えます。
それが、友人だったり(花が初対面であっても)知り合いだったりすると「ようこそー」とドアを開ける前から、シッポ振り振り歓迎モード。
んで、宅急便の人や新聞の集金の人など、親しくはないが、普通に対応する場合には「あら、来たの」ってカンジで特別吠えも、歓迎もしません。

花がいちいちドアホンのモニター画面を確認しているわけもなく、またこちらが「あ、いらっしゃい」などと一切言わず無言で対応したときでも、このパターンは変わりません。
てことは、来客に対するこちらの返す言葉のトーンに頼らず、表情や歩き方などの様子を窺って吠えたり、喜んだりしているとしか思えません。
正直、犬がこんなにも鋭いとは思いませんでした。

もしドリームジャンボ宝くじが当たったら、「あれ買って、これも買って・・」とか、しょーもないことを考えているのも、ひょっとして花には全てお見通しで「バカだねー」なんて思っているのでしょうか?
道理で、最近言うことを聞かないわけだ。


20060612.JPG
中国茶をご堪能(においだけ)

今日のトレーニング 家の中でリードをつけて
今日のメニュー ドッグフード&豚バラ
ニックネーム 空 at 06:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

募金箱

DSCN1093.JPG

・・・・ということですので、皆さん、ドッグカフェや動物病院で見かけたときには、どうぞご協力お願いします。

DSCN1096.JPG
花 「なんだかよくわからないけど、見かけたらここに小銭を入れてねってさ。
アタチは小銭なんかより、豚の耳とかのほうが値打ちがあると思うんだけど、
そんなの入れちゃダメなんだって・・・・」


今日のトレーニング ボールで遊ぼう
今日のメニュー ドッグフード&豚肉
ニックネーム 空 at 07:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

雨、雨、そして雨

雨嫌いのお嬢様は、庭でトイレもこのスタイル。
昨年、妹にもらったレインコートが重宝します。
服を着るのは嫌いなのですが、レインコートだけは素直に着ます。


20060608.JPG

今日のトレーニング またまた基本から
今日のメニュー ドッグフード&にんじん
ニックネーム 空 at 06:54| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

花のお友達その2

花のお友達、SUNNYちゃんです。一昨日、ご紹介したJACKと同じ事情から、サニーではなくてSUNNYなのですね。

このSUNNYも、元はといえば捨てられた犬でした。まだほんの子犬の頃に捨てられて、その後、動物愛護団体に保護され、「里親募集会」で現在の飼い主と出会ったのでした。
初めて会ったのは、まだ花を飼う前の一昨年のこと。
そのころ生後半年あまりだったSUNNYは、もちろん何のしつけもされていなくて、かつ人も犬もあんまり好きじゃないというタイプの犬でした。
それが久しぶりに会ってみると「おりこうさん」になっていてビックリ!!
飼い主はクリッカーというのを使って、色々と教えているのですが、まぁ、今では見事に言うことをききます。当然ですが、指示は英語ですもんね、犬とはいえ、えらいもんだぁ。

見ていて感じたのは、大げさなぐらいよく褒めること。
もともと我々日本人からすると、普段から表現がオーバーな彼らアメリカンですが(普通のTシャツを着てても「それ、似合うねぇ」なんて何かにつけて褒めてくれるので、こっちは時々赤面してしまいますが・・・)犬のしつけにはそういうのも大事かな?と思わせてくれました。

「トレーニングするなら、これはいいよ」と随分以前にクリッカーをひとつ貰いましたが、カチっと鳴らした後に、ゴソゴソとおやつを取り出すもんで、タイミングが合わず結局使っていません。トホホ・・・・

20060606.jpg

今日のトレーニング 基本をもう一度
今日のメニュー ドッグフード&大根
ニックネーム 空 at 06:55| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする