2006年06月07日

花のお友達その2

花のお友達、SUNNYちゃんです。一昨日、ご紹介したJACKと同じ事情から、サニーではなくてSUNNYなのですね。

このSUNNYも、元はといえば捨てられた犬でした。まだほんの子犬の頃に捨てられて、その後、動物愛護団体に保護され、「里親募集会」で現在の飼い主と出会ったのでした。
初めて会ったのは、まだ花を飼う前の一昨年のこと。
そのころ生後半年あまりだったSUNNYは、もちろん何のしつけもされていなくて、かつ人も犬もあんまり好きじゃないというタイプの犬でした。
それが久しぶりに会ってみると「おりこうさん」になっていてビックリ!!
飼い主はクリッカーというのを使って、色々と教えているのですが、まぁ、今では見事に言うことをききます。当然ですが、指示は英語ですもんね、犬とはいえ、えらいもんだぁ。

見ていて感じたのは、大げさなぐらいよく褒めること。
もともと我々日本人からすると、普段から表現がオーバーな彼らアメリカンですが(普通のTシャツを着てても「それ、似合うねぇ」なんて何かにつけて褒めてくれるので、こっちは時々赤面してしまいますが・・・)犬のしつけにはそういうのも大事かな?と思わせてくれました。

「トレーニングするなら、これはいいよ」と随分以前にクリッカーをひとつ貰いましたが、カチっと鳴らした後に、ゴソゴソとおやつを取り出すもんで、タイミングが合わず結局使っていません。トホホ・・・・

20060606.jpg

今日のトレーニング 基本をもう一度
今日のメニュー ドッグフード&大根

ニックネーム 空 at 06:55| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする