2006年06月12日

犬の洞察力

この歳になるまで、犬を室内で飼ったことがなかったものですから、今更ながら犬の洞察力の鋭さに驚いております。

例えば、家にいて、玄関のチャイムが「ピンポーン」と鳴ったとき・・・・

○○の訪問販売とか宗教の勧誘とか、「ありゃ、出たくないな、居留守使っちゃおーかなー」ってときに限って、花はけたたましく吠えます。
それが、友人だったり(花が初対面であっても)知り合いだったりすると「ようこそー」とドアを開ける前から、シッポ振り振り歓迎モード。
んで、宅急便の人や新聞の集金の人など、親しくはないが、普通に対応する場合には「あら、来たの」ってカンジで特別吠えも、歓迎もしません。

花がいちいちドアホンのモニター画面を確認しているわけもなく、またこちらが「あ、いらっしゃい」などと一切言わず無言で対応したときでも、このパターンは変わりません。
てことは、来客に対するこちらの返す言葉のトーンに頼らず、表情や歩き方などの様子を窺って吠えたり、喜んだりしているとしか思えません。
正直、犬がこんなにも鋭いとは思いませんでした。

もしドリームジャンボ宝くじが当たったら、「あれ買って、これも買って・・」とか、しょーもないことを考えているのも、ひょっとして花には全てお見通しで「バカだねー」なんて思っているのでしょうか?
道理で、最近言うことを聞かないわけだ。


20060612.JPG
中国茶をご堪能(においだけ)

今日のトレーニング 家の中でリードをつけて
今日のメニュー ドッグフード&豚バラ

ニックネーム 空 at 06:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする