2006年06月24日

ハブ

あづ〜〜〜
梅雨明けとともに、突然真夏になりました。
約1ヶ月もの間、雨降りだったので「やはり太陽はありがたい」と思いつつも、この日差しの強さには少々バテますね。
さて、夏の訪れとともに、ヤブ蚊、ゴキブリ、セミ、ヤモリ、酔っ払い?・・・と皆さん活動が盛んになってきます。
なかでもハブには要注意。

先日の草刈のときに、「アウトドアのベテラン」ゴールデンのキートン君の飼い主さんから、「さっき見回りしたら、奥のほうでケモノ臭いニオイがしたので、ハブかもしれない。だから、フリーにしないほうがいいよ」と言われ、あわてて花を繋ぎました。
犬はなんでも鼻を近づけて、ニオイを確認しようとするので、顔を咬まれるケースが多いようです。
犬より大きな人間でも、咬まれれば、滅多に死ぬことはないにしても、あまりの激痛に意識を失ったり、後遺症に苦しむことになるのですから、チビ犬の花ではひとたまりもありません。

ハブ退治の目的で、はるばるインドから連れてこられたマングースは、畑やゴルフ場でよく見かけますが、わざわざ危険を冒してまでハブなんか獲らずに、天然記念物のヤンバルクイナを襲ったりしていますから、これは役には立ちません。

もし見かけても、近づいてニオイを嗅いだりしないように「ヘビは恐ろしい」ということを、花に教えなくてはいけないのですが、どこかにエキストラをやってくれる無毒のヘビさんは、おりませんでしょうか?


20060624.JPG
キートンくん 

今日のトレーニング 股くぐり
今日のメニュー ドッグフード&あまった玉子の白身

ニックネーム 空 at 06:28| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする