2006年07月05日

犬の気持ち

本屋さんに行って、犬のしつけに関する本を眺めていたら、まぁ、ありとあらゆる本がたくさんあるんですね。
とにかく叱らずに、誉めることだけでしつけは行えるとか、いや、やはり時には厳しく叱ることも必要だとか、中にはいつ頃出版されたものか、いけないことをしたらビシっと体罰も必要です、叩くときは「キャン」というまで叩きましょう、なんてのもあり、ビギナー飼い主の私としては、あれでは一体どれが本当なのか迷ってしまいます。

犬の祖先はオオカミなので、狼の群れのように家庭内でも順位を決めて、何事にも人間が最上位になるようにと解説する本もあれば、その理論はもう古い、犬は決して人間をリーダーとは認識せず、パートナーとしか思わないので、例えば「食事は必ず、人が食べた後であげましょう」なんてのは無意味です、と全く正反対のことを書いている本もありました。
どの方法にも一長一短があって、書いている人はそれなりにそれぞれのやり方で実績があるのでしょう。
色々と見ていて、ひとつだけ確実にわかったことは、「犬の気持ちは、犬にしかわからない」ってことですかね?(うぅっ、悲し)


DSCN0656.JPG


今日のトレーニング ベンチにノッテ
今日のメニュー ドッグフード&豆乳

ニックネーム 空 at 07:13| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする