2006年07月12日

レメディ

ビビリで必要以上に犬見知りな性格を改善しようと、最近、レメディをエサに混ぜてあたえています。
はたして効果があるのやら?

でもビビリって悪いことばかりでもないんです。
たとえば、花がよく遊びに行って走り回わらせてもらう保育園にミドリガメがいるのですが、このミドリガメ、お祭りで売っているようなサイズのもんじゃなく、思いっきり成長したそれ。
顔なんか一昔前の悪役レスラーのメイクみたいで、まさに「ミシシッピアカミミガメ」という本来の名前がピタリと当てはまる怪異さ。
で、花はその亀さんが恐くて恐くて、近づけないのです。
これって、よく考えてみると慎重なことの表れで、もし山などでハブを見かけても、きっとビビって自分からは近づかないでしょう。

また、裏庭の出入り口を開けたままなのを忘れて、花を外へポイっと出したことがあるのですが、敷地の外へは行きません。
今、思い出すと「道路へ飛び出したりしなくてよかった」と、少しヒヤっとするのですが、玄関先で草むしりなどしていると、茶色い物体が近寄ってきて、鼻を寄せて「何してるの?」と覗き込むので、「なんだ、どこの犬だ?」と見れば、裏庭にいたはずの花だったりして、慌ててつかまえたことも2度3度ありました。
これなんかビビリの賜物で、冒険心旺盛な犬だったらと思うと、今更ながらゾっとします。

こんなところはそのままにして、犬見知りだけに効くレメディだったらいいんですけど・・・・って贅沢でしょうか?


DSCN1226.JPG


今日のトレーニング 市役所の石垣に「ノッテ」
今日のメニュー ドッグフード&ヨーグルト

ニックネーム 空 at 06:59| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする