2006年07月18日

BBQ

ムイを預かったはいいものの、この3連休で新しい環境に慣れてもらうのに、お互い疲れてしまいました。
でも、やっと落ち着いて、今では砂地に水がしみこむように、いろいろ覚えて、こちらの言うことにいい反応を返してくれております。

先日の日曜日、救助犬協会のバーベキュー会があり、そこにムイも連れて行ったのですが、何が気に入らないのか、ズーっと吠えておりました。
はじめは「要求吠え」かと思ったのですが、良く見ると、人のいない方向に吠えております。どうやら、現れるはずのない飼い主を呼んでいたようで、その姿にちょっとかわいそうな気もしました。
飼い主を呼び続けて、とうとうその夜は、エサも食べなかったムイでした。

DSCN1350.JPG

さて、バーベキュー会ではいろんな犬が勢ぞろいしました。小さいのはマルチーズから大きいのはとっても珍しいホワイトシェパード(まるでオオカミ)やレオンベルガーという体重70キロの大型犬まで、というバラエティさ。
キャンプ場に「沖縄災害救助犬協会」という白テントを張っていたので、ビーチに来ていた他の人たちが、かわるがわる「沖縄にも救助犬協会ってあるんですか?」「あのー、犬に触ってもいいですか?」と訪れて、記念撮影をしたり、さながら即席セラピー犬会場状態でした。
なかでも人気なのは、大きくて毛フサフサのゴールデン君や前述のホワイトシェパード君。
悲しいかな「どこにでもいる犬」の類の花ちゃんは、それほど触ってもらえません。
会場設営を手伝いながら、ふと見ると林間にさみしくポツーンと繋がれた花を見て、「わかってる、わかってる。一番かわいいのはお前だよ」と花にスリスリしていた親バカの私です。

DSCN1357.JPG
これがホワイトシェパード

DSCN1348.JPG
子供たちに遠巻きに囲まれております。

ニックネーム 空 at 22:34| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする