2006年07月23日

寝ぼけ犬

ちょっと事情がありまして、2日間だけ、花のハウスをリビングから我々の寝室に移して、寝させました。

すると・・・・

ハウスに入るやいなや、我々が寝付くよりも早く、花の「グピー・・ンピー・・・」というイビキが聞こえてきます。
夜中には、どんな夢をみているのやら「ワン、ワン」とか、甘えた声で「ヒューン」とか寝言を言っております。

極めつけは、明け方の4時前に突然キャンキャン言い出すので、何事か?とハウスを開けると一目散にドアのほうへ行って「開けて、あけて」と催促・・・・
どうやら恐い夢を見たようなんですが、夢と現実の区別が全くついておりません。
「大丈夫、大丈夫。しっかりしろ」と体を撫でて、またハウスに入れました。

こっちが寝不足になってしまうので、やはり、ひとりリビングで寝てもらうのがいいようです。


DSCN0168.JPG

ニックネーム 空 at 00:19| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする