2006年08月19日

表情

犬のおもしろいところは、仕種や表情が豊かなことです。
毎日見ていると、だいたい表情を見れば何を考えているか察しがつきます。
まぁ、せいぜいイタズラとか、何かくれとか、ろくなことは考えていないんですが・・・・

これもムイがいた頃のお話です。
落ち着きがなかったムイに「せめてウンチを拾っている間くらい、座って待て」と練習していました。
それでも、はじめは中々、思うように待てなかったムイに
「あのね〜、こっちは伊達や酔狂で、待てなんて言ってるわけじゃないんだよ。こ〜んなクサイお前のウンチを拾ってるの!ホラッ!!」とビニール袋にはいったウンチを鼻先に持っていって嗅がせてやりました。
瞬間、ピョ〜ンと1メートルほども飛び退り「なんてことするんですかぁ?!あなたは?」と目を丸くして、ビックリした表情のムイが可笑しくて、しばらく笑いが止まりませんでした。

そのおかげか、その後は1分ぐらいなら、おりこうに待てるようになったムイでした。
こういうのを「ショック療法」というのでしょうか?


DSCN1433.JPG

ニックネーム 空 at 07:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする