2006年09月21日

訓練をしていると、あっちこっちで壁にぶちあたります。
服従にしろ、最近はじめた捜索にしろ、いい時と悪い時は一進一退。
プロの訓練士さんのようにツボを心得てるわけじゃないので、当然といえば当然なのですが、それにしても壁の多いことよ。
浅間山荘事件のときにテレビで見た(古!)鉄球のついたクレーンが欲しいですね。
壁をドバ、ドバーンと手当たりしだいに破壊していけりゃ、楽なのに・・・・
って、楽しちゃいけません。ローマも訓練も1日にしてならず、なのです。

そんなある日、市役所の駐車場で、ロングリードをつけて服従訓練をしていました。
いつもは花とふたりぼっちなのですが、その夜は家人も一緒でした。
いまいち反応の悪い花に、ちょっと苛立ち、強めの声符をかけると、ますます「やる気ないモード」まっしぐら。
見ていた家人が「そんなに恐い顔ばっかりしていたら、そりゃ言うことも聞かないよ」と「花ぁ、おいで〜」頭のてっぺんから声を出すと、ちゃぁんと脚側もするではありませんか。

あぁ、そっか、大事なことを忘れていましたね。
キビシイだけでは、伝わらないのでした。


IMGP0025.JPG

ニックネーム 空 at 07:05| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする