2006年10月13日

ライバル

どの分野においても、自身が向上する上で、ライバルとなる存在は欠かせないものです。
花の普段の訓練においても、救助犬協会に目標とするお手本やライバルの存在がいるのは、とってもありがたいことです。
てなわけで、私が目下、勝手にライバル視しているのが、ラブラドールのシュー君。

シュー君とはじめて会ったのは、忘れもしない今年1月の協会の運動会でした。
犬の訓練ってどんなことするんだろう?と興味津々で、ドッグカフェのミレットさんからお誘いいただき、わくわくしながら参加したのでした。
会場には、ゴールデンやダルメシアンなどたくさんの犬たちがいて、犬好きの私としてはうれしくて、花を連れて犬に挨拶して回ったものです。

そんな犬達の輪から少し離れて、木に繋がれてワンワン吠えていたのがシュー君でした。
近寄ろうとするとガルルッと一喝されたので、恐くて近づけませんでした。
その後も訓練で会う度に、メスにはやさしいけどオスには非常にキビシイ態度で臨むシュー君なので、いつしか協会からの案内文書にも、松平健でもないのに「暴れん坊」と紹介されたほどですが、最近メキメキと実力をつけて、とってもおりこうさんになりました。

服従はもとより、捜索においても、そんなときだけ蚊の鳴くような声でアラートする花とは違って、全くうらやましくなるほどの大声で「グワォン、グワォン」と鳴き続けるのです。
先日の土日の、1泊2日の山中訓練にももちろん参加した花とシュー君ですが、お互い技(鼻?)を磨いて、再来年、いや来年には本試験に挑めるといいなぁ。

syu.JPG

ニックネーム 空 at 06:57| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする