2006年10月31日

ヤキモチ

普段はそうでもないくせに、毎週日曜の訓練に行くと、途端に花はヤキモチ妬きになります。
というのも、我が家は犬は1頭でも、夫婦2人で参加しているので、私がハンドラーとして花の服従訓練をしている間は、家人は、一人で2頭以上連れてきたどなたかの犬を1頭受け持ったりします。
そうすると「コリャァ!私がここにいるのに、よその犬と楽しそうに何やってる〜?!」と私の指示は上の空で、目線は必死に彼方にいる家人にアイコンタクト。
なので、フセ、スワレ、アトヘなど一応指示には従うものの、全てあさっての方向を向いたままなのです。
訓練も後半に差し掛かると、ガマンの限界を越え、待機中も「ヒヒ〜ン、ワォ〜ン」と悲鳴まで上げる始末、まったく格好悪いったらありゃしない。

そのくせ、休憩時間に「はい、お待ちかね。じゃあ行っといで」と家人のもとへ向かわせると、ものの10秒ほど撫でてもらっただけで「確認終了。じゃあまたね」と、すぐにそっけない態度に。
家人とハンドラーを交代しても、この態度は変わりません。

要は「いつも2人とも、自分に注目してないとイヤ」というワガママなのです。
多頭飼いをすると、常に1頭に注目なんてそんなことはやってられないので、今のうちから、もっと慣らしておかなくてはいけません。


atohe.JPG
アトヘがこんなんなっちゃってます。
足踏んでないか?

ニックネーム 空 at 06:57| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする