2006年11月23日

凝り性

家人からは「B型の凝り性」と揶揄されておりますが、ホント来る日も来る日も飽きもせず、ひねもすのたりのたりかな、じゃなくて花をなんとかモノにしようと、悪戦苦闘しております。

思い起こせば10数年前、ゴルフを始めた頃も確かこんなでしたっけ・・・・
カーブもスライダーもない、止まってる球を打ちゃいいんだろ、簡単カンタンと始めてみたものの、いきなり思い通りにボールが前に飛ぶわけもなく、練習場へ行ってはひたすら7番アイアンを振り回したもんでした。
スライスしては、基本に戻り、フックが出たといっては基本に戻り、どうにか形に成りだすと、ドライバーがジャストミートしたときの気持ちよさや、スコアが100を切ったときのうれしさが忘れられず、週末ごとに練習場やゴルフ場に通い続けました。

考えてみると、今はゴルフが犬になっただけなのかな?
ただ今回は相手のあることですから、ゴルフよりお金はかかりませんが、難しいのは確かなのです。


IMGP0516.JPG

ニックネーム 空 at 00:37| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする