2006年12月31日

大晦日

やっとのことで、大掃除が終わり、ようやく年を越せそうです。ふぅう〜・・・・
こんな大晦日のギリギリまで、大掃除をしていたのは、近年記憶にありません。
なぜなら、今年は29日、30日と倉敷ダムというところで、掃除そっちのけで、自主トレしていたからなのでした。

さぁて、あとは年越しそばを食べて、その後は近所の公園で服従納めだぁ〜!

では、みなさん、良いお年をお迎えください。


DSCN0456.JPG

ニックネーム 空 at 16:40| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

ギター・キッズ

以前、ちょこっとご紹介したことがありますが、家人の従姉妹の息子がドイツからウインター・ホリデーで沖縄に来ています。
先日、早速、おじいちゃんの家にいる彼から「近々遊びにいってもいい?」と電話がかかってきました。
28日の夜ならいいよ、と答えると、お土産を手に喜んでやってきました。

彼の目的は我が家にあるギター。
現在、16歳の彼は、20数年前の私がそうであったように、ヒマさえあればギターを弾いているというギター小僧なのです。
我が家には、これが私の唯一の財産といってもいい1970年製のギブソン・レスポールがありまして、興味のない人にはタダの36年前の古ギターですが、彼のようなギター小僧にとってみれば、垂涎の1本なのです。
そんな彼ですから、その古ギターを手に取ると、1時間でも2時間でも飽くことを知りません。
夜の服従訓練に行きたかった私は、「そのギター、しばらく貸してあげるからさ、今日はもう迎えに来てもらえば?」とお引取り願いました。
そのときの彼といったら、「エ!?借りていってもいいの?」とすごくうれしそうだったのです。こんな高価なものを貸してくれるなんて信じられない、といった顔つきでした。

そう、おじさんは今や、君がギターに夢中なのと同じくらい、犬の訓練が面白くなっちゃったんだよ。


IMGP0732.JPG
ニックネーム 空 at 00:04| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

御用納め

本日は御用納め。
職場の机の上のカレンダーも、もう今年のは用済みとなり、来年のものを置きます。

2007年は花のカレンダー。

はい・・・・・親バカです。


IMGP0845.JPG
ニックネーム 空 at 07:18| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

メリー・クリスマス

IMGP0773.JPG
メリー・クリスマス


IMGP0780.JPG
ハウスもクリスマスバージョンにしてみました。
どうでもいいけど、ベッドからはみだしてますがな。
ニックネーム 空 at 00:00| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

日曜日

今日は、すんごくローカルなご連絡を・・・・

昨日のコメントで「シュ−君のママに昇格できないオバちゃん」からリクエストがありましたので、1曲歌います・・・じゃなくって、今度の日曜日、24日の連絡です。

24日、午後1時頃より、いつもの県警機動隊グランドの草刈、清掃&シーソーやハシゴなどの手入れがあります。
会員の方で御用とお急ぎでない方は、長靴&軍手でご参加ください。
ク、クリスマス・イヴに草刈かよ? 悲しー、なんて思わずに、時間のある方は参加しましょうね。
草叢のなかにサンタさんからのプレゼント「札束」や「目も眩む黄金」が落ちてるかも知れませんよ。(すいません、そんなわけないです)

そのあと、1月7日のワンワン運動会の競技種目や進行についての打ち合わせがあります。
「打ち合わせ」ということはですよ、種目などはこれから決めるわけですから、「うちのワンコはこれなら勝てそうだ」という得意種目を自分が提案したっていいわけです。
ぜひとも賞品をGETしたい方も、そうでない方も、みんなで、いい知恵を出し合いましょう。

というわけで、ご連絡でした。


20061223.JPG

ニックネーム 空 at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

いつのまにやら年末

今年も残りわずかとなり、もうすっかり年の瀬ですねぇ。
救助犬協会での訓練も、年内は先日の山中訓練を最後に来年までお休みです。
かといって、自主トレは休みませんよ。
花にお正月はありません! どーせ、雑煮もお餅も食べさせませんしね。

さて、鬼が笑う来年の話題ですが、1月7日(日)は救助犬協会主催のワンワン運動会の予定です。
運動会といっても、まさか犬が徒競走や玉入れ、騎馬戦をするわけもないので、要は飼い主といっしょにいろんなゲームをして楽しみましょうという催しです。

思えば今年の1月でした。
このワンワン運動会に参加したことがきっかけで、花が救助犬を目指そう、なんてことになったのです。
「おやつ早食い競争」や「飼い主探しゲーム」などの出し物のひとつに、救助犬のデモがあったのですが、立っている人や座って写真を撮ったり、何かを食べている人には目もくれず、ブルーシートの下にいた遭難者役を探し当てて、ワンワン吠えている救助犬の姿を見たときには、もう花とは違う生き物を見ているようで、「あんなこと、一体どうやって教えるの?」と目が点になりました。

あれから、もうそろそろ一年になります。
各種目に飛び入り参加しては、ことごとく敗退の憂き目にあった花ちゃんも徐々に成長してきました。
毎日、見ていると進歩に気がつかないものですが、あの日、1本のバーすら跳べず、待てと言われて30秒も待てなかったことを思えば、「お前はこの一年、頑張ったんだね」とナデナデしてあげたくなりました。

救助犬への道のりは、まだまだ果てしないのですが、このブログのサブタイトルでもある「いつかきっと世の中の役に立つ雑種になるのだ」との誓いも新たに、来年もがんばるのだ。
これでいいのだ!
って、バカボンのパパになっちゃいました。レレレのレ


IMGP0134.JPG

ニックネーム 空 at 07:03| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

訓練所

もうずいぶんと以前のことですが、ある訓練所に花を連れて見学に行ったことがあります。
しつけと言っても自分で出来ることは限られているし、何よりも「今のこの方法でいいのか?ひょっとして知らず知らずに悪い方向へ導いていないか?」と全く自信が持てなかったからです。

訪れたその訓練所では、初級、中級とレベルごとにクラス分けされており、たくさんの飼い主さん達にそれぞれトレーナーの方がついて、脚側行進や待てなどの訓練をなさっていました。
所長さんのお話をうかがいながら、1時間ほど、見学させてもらって気がついたのは、飼い主がリードを持つと足元にじゃれついたり、リードに噛みついたりする犬が、トレーナーさんに交代した途端、犬が変わったように言うことをききます。
さすがプロ!と言ってしまえばそれまでですが、一体この違いは何だろう?と考えさせられることしきりでした。

コマンドの出し方? それとも指示通りにできたときの褒め方? やらないときのリードでのショックの与え方? それこそいろんな条件が重なって、犬は時によって言うことを聞いたり、聞かなかったりします。
犬の反応は、ある意味とても正直であり、良くも悪くもそうさせているのはハンドラーである人間です。
ということは「犬に教える」ことよりも「飼い主が教わる、勉強する」ことのほうが圧倒的に多い、というのがよくわかりました。

その訓練所では「最初の1ヶ月間はお預かりして、プロが訓練をします。その間は飼い主さんとも面会謝絶です」とのことで、「1ヶ月も会えないのはつらいなぁ。こちらがもちましぇん」と結局は入所しなかった甘チャン飼い主の私ですが、あの日がなければ、こんなことは気づくことが無かったかもしれないと思うと、大変感謝しております。


IMGP0084.JPG
ニックネーム 空 at 06:47| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

習慣

以前、「我々が先、花は後」というごはんのルールのことを書きましたが、花はこのパターンがすっかり習慣になっているようです。
先日、夕食時間がいつもより遅くなったので「待たすのもかわいそうだから、今日は先に花に食べさそうか」と普段とは逆のごはんの順番でした。
あげると、ものの1分ほどでペロっと平らげた花は、はじめのうちこそ、どこかにおもちゃでもないかな?とウロウロしていましたが、我々が食べ終わる頃になると、テーブルの近くまで来て「あのー、そろそろ私の番でしょうか?」といつものおねだりビームを発射します。
「お前はさっき食べたやんか!」という言葉など通じるわけもなく、自分が先に食べたことなどまるで幻だったかのように「ヒヒッ・・」と鼻で鳴いていました。

1日2回というごはんの回数ではなくて、「とにかく人間が食べたあと自分が貰える」と理解していたようです。
不憫になったので、ついついカロリーオフのビスケットをひとつあげてしまいました。
それともあれは巧妙な作戦だったのでしょうか?


IMGP0216.JPG
ニックネーム 空 at 06:59| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

トランシーバー

救助犬の訓練には、服従もさることながら、「捜すことの楽しさ」を犬に味わってもらわなくてはいけません。
それにはやはり、かくれんぼ遊びが一番手っ取り早いのですが、家の中だけならまだしも、屋外となると隠れ役とハンドラーの連絡手段が必要となります。

携帯電話で「もしもし」ってのも変ですし、そのたびに通話料金がかかりますね。
かといって大声で「もういいか〜い?」「まぁだだよ」とやっていたんでは、犬がそのやりとりを覚えて先読みしてしまう上に、声を出すことで大体の居場所がわかってしまいます。
そこで、皆さんと行く山中訓練のときなどには、トランシーバーを使わせてもらっていますが「ここはやはり、自分のを持つべきではないか?」というわけで、アメリカから送ってもらいましたぁ!
キャッシュのマミーよ、いつもありがとね。
そのうち、タイガーウッズの豪邸の隣に、犬小屋でも建ててあげるよ。

というわけで、これで自主トレもバッチリです。  ・・・・・たぶん


IMGP0799.JPG
ニックネーム 空 at 06:52| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

お嬢様

土曜日はあいにくの雨模様だしたが、ひさびさに名護市中央公園まで、山中訓練に行ってきました。
雨がパラつき、風も強いという、とっても寒い日でした。(この「寒い」というのは、あくまで沖縄での話ですからね。気温を言うと沖縄以外に住んでいる方は、絶対「暖ったかいじゃん!」とツッコミをいれるでしょう)

さて、今回の山中訓練はまことに実りの多いものでした。
これまでは、隠れ役といえば私か家人、もしくは花が良く知っている人(友人など)でしたが、この日は初めて会った方に遭難者役のヘルパーさんをしてもらいまして、途中紆余曲折はあったものの、何とか探して吠えてくれました。
この「見ず知らずの他人に吠える」ってのが、実はなかなか難しいのです。
家に空き巣が入ってきたから吠えた、というのとはちょっと違いますからねぇ。

ただ、肝心なところでお嬢様育ちを露呈してしまいまして、それが今後の課題です。

というのは・・・・
ヘルパーさんが隠れていたのは、舗装されたハイキングコースから藪の中へ7,8メートルほど入ったところでした。
花はニオイをとっているはずなのに、自分の目線より高い草が茂るその藪へ入るのに躊躇して、途中まで進むと戻ってきてしまい、迂回路がないか探し始めます。
他に道がなく、どうしても藪の中へ入らないとたどり着けない、とわかるとこちらを見あげ

「この向こうに誰かいるみたいだけど、そろそろ帰りましょうか?」
「バカ者!ここからが捜索なのじゃ。はい!前へ!!」
「え〜?!そんなぁ。じゃ、先行ってよ」
「わしが先行ってどうする?お前の仕事は何じゃ?ほら、行って来い。前へ」
「イヤだな〜こんなとこ・・・」
「早く行かんか!!前へ!」
「ハイハイ、行きゃいんでしょ、行きゃ」

と、このようなやりとりの後、やっと藪の中から「ワンワン」と聞こえてきました。
もうちょっとワイルドに育てなくてはいけないようです。


IMGP0182.JPG
なんか文句ある?

ニックネーム 空 at 00:05| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

ワンダホー

先日、家人の友達でノース・キャロライナ在住の軍人家族から、メールが届きました。
来年の6月に再び沖縄に転勤することが決まったんだとか。
本人達も3人の子供たちも「沖縄大好き!」でしたから、とってもワンダホーだ、という内容でした。
彼らは、ボクサーを2頭飼っておりまして、もちろんその2頭も連れて来るそうです。
ということは、花ちゃんにまたお友達が増えますねー。

愛しのJACK君みたいに仲良しになってくれればいいな、と願っております。

IMGP0244.JPG
ニックネーム 空 at 07:01| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

ごはんの前

ごはん前の愛犬の様子って、皆さんのお宅ではどのようなものでしょうか?
我が家では「我々が先、花は後」というルールなので、こちらが食べている間中「はやく食べ終わらんかなぁ・・・・」と寝たふりをして(目は閉じてますが寝てません)ジーっと待っています。

一度「早くしろ〜」とワンワン吠えて、私に「うるさーいっ!!!」と一喝されてからは、吠えることはなくなりましたが、ゆっくり食べながら、新聞を読んだり、二人で話ばっかりしていると、シビレを切らせて、そばに来てこちらをひたすら見つめ「ヒヒ・・・ハヒ・・」と、ものすごーく小声で鳴きます。
あまりに見つめられるので、かわいそうになって、ついつい終盤はダッシュでかっ込んでしまうのです。

服従訓練のときも、あのぐらい必死にアイコンタクトしてくれんかなぁ。


IMGP0072.JPG
ニックネーム 空 at 06:55| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

脚側行進重点月間

今月は「脚側行進重点月間」です。
といっても、公にはそんなものあるわけがありませんから、私が勝手に重点月間なのですね。

明けても暮れても、他のことには目もくれず、ひたすら基本! 一から出直し!と、脚側ばっかりやっておりましたら、先日の訓練のときに「なかなかキレイな脚側になってきてるよ」と褒められました。
花も徐々に「ついて歩くとは、どういうことか」と理解してきたようです。
このごろは散歩中に、こっちが「アトヘ」とも何とも言ってないのに、ふと視線を感じるとジーッと見上げながら歩いている花がいます。
目が合ってしまった以上、まだ発展途上なこの段階で無視すると「なんだ、つまんないや」と思われてはいけないので、その機を捉えて「ヨ〜シ、ヨシ。いいコだ、いいコだ」とホメホメ攻撃をしていますが、これが想像以上に大変なのです。

あるときはコンビニの入り口の前で、またあるときは下校途中の高校生とすれ違うときに、またまたあるときは信号待ちの交差点でと、気が向いたらアイコンタクトしてくるので、全く油断ができませんし、恥ずかしいなんて言ってられません。

おかげで、一人でいるときでも、フッと場面を想像し「そうそう上手だね、いいコだ、いいコだ」と口走るほど、すっかり口癖になってしまいました。
花はともかく、私にはバッチリ基本が叩き込まれたようです。

IMGP0719.JPG
手作りのレインコートです

ニックネーム 空 at 06:59| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

寝る子は育つ

ネコという動物は寝てばっかりいるので、「寝る子」が転じてネコと呼ぶようになった、なんて説があります。
漢字本来の中国での読み方は「猫=マオ」ですから、これは鳴き声からつけたのだろうと想像がつきますね。同じ字でも読み方が違います。
ということは、漢字が渡来する以前から、日本人は「ホント、こいつは寝てばっかりいるなぁ」とネコと呼んでいたのでしょうか。

さて、寝ることにかけては、犬である花ちゃんも猫に引けをとりません。
まぁ、退屈したからといって、本を読むとかテレビを見るなんてことはしませんから、これはもう寝るしかないのですが、それにしてもよく寝ます。
ただ、眠たくて寝てるわけではなくて、ほとんどが退屈して寝ているわけですから、睡眠が浅いようです。
そんなときは、よく夢を見ているらしく、「グルルルッ・・・ワン!」とか「クーン、クーン、ヒヒーン」とか寝言を言っています。

子供の頃、漫画雑誌の広告のページで「睡眠学習」というのを見たことがありますが、寝ている花の近くで、小声で「フセ」とか「モッテコイ」とか言いつづけて、起きたらア〜ラ不思議!おりこうさんになっているという画期的な訓練法「犬の睡眠学習」をただいま実験中です。


DSCN0687.JPG
ニックネーム 空 at 06:54| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

前世

はじめのうちは、亡きゴローのような悲しい最期にならないよう、せめて「マテ」だけは出来るようになりたいとか、散歩のときにあっちゃこっちゃで何でも拾い食いして、お腹をこわしたりしないように、と始めた訓練ですが、やればやるほど奥深くって、すっかりのめり込んでいる自分がいます。

「這えば立て 立てば歩めの親心」とはちょっと違いますが、ひとつ出来るようになると、こちらの要求に応えてくれる姿がうれしくって、愛情が増すかわりに、要求することも次第に多くなります。
ホント、犬の訓練って面白いですねぇ。
これほどまでに、私をして夢中にさせる、その魅力とは一体なんだろか?と自問しても「犬好き」という以外は、これといって理由は思い当たりません。

そこで、家人の出した答えは「前世で犬だったんじゃない?」でした。


DSCN0109.JPG
ニックネーム 空 at 06:53| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

お仕事です

本日は土曜日。
私は仕事、お休みです。
でも、花はお仕事です。
「勝手に行って、がんばってこい」てなわけにはいかず、一緒に行かなくてはいけません。

では、久しぶりのセラピー訪問に行ってきます。


IMGP0315.JPG

ニックネーム 空 at 07:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

Happy Christmas

12月8日といえば、真珠湾攻撃、日米開戦の日でありますが、今は亡きジョン・レノンの命日でもあります。
私にとっては、当時高校生でしたし、ビートルズフリークでもありましたから、彼の射殺事件のほうが、かなり印象が強いのです。

晩年のLOVE&PEACEを叫ぶ彼よりも、いかにも田舎の不良少年あがりといった雰囲気で、話せば皮肉を連発し、リッケンバッカーを抱えてTwist&Shoutをがなりたてる、若い頃のジョンが大好きでした。
はてさて、もし彼が生きていたら、今の世の中をどう見たでしょうか。

ムツゴロウさんが、噛むにしても加減のわからない「脳がやられている犬」のお話をされていましたが、テレビや新聞などを見ていますと、脳がやられているのは、むしろ人間の側かもしれません。
いじめにしろ、虐待にしろ、はたまた“?”のつく沖縄の基地問題や国の政策にしろ、力の弱いものや、持たざるものがどんどん片隅に追いやられていくようでは、とてもまともな社会とは言えません。
もうすぐクリスマスですが、ひとりでも一頭でも多く「生まれてきてよかった」と思えるような世の中になるように、亡きジョンの歌う「HAPPY CHRISTMAS」がひとしくどこにも訪れるように、サンタさんにお願いしてみましょうか。

あ、でも、私がお願いするサンタさんは、花のガウガウ友達「柴犬MIXの三太くん」ですから、効果はないと思いますけど・・・・




ニックネーム 空 at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

一期一会

またまたD1ピックのときの話題で恐縮です。
愛犬のイベントでしたから、それこそ会場は犬だらけ。
中でもミニチュア・ダックスが多かったですね〜。ひとりで3頭、5頭と連れた猛者もいらっしゃいました。
他にもマスチフ、ブルドッグ、レオンベルガー、ミニピン、マルチーズ、コーギー、ビーグル、フラットコーテッド・レトリバー等など、いろんな犬がおりました

でもね・・・・悲しいかな、ああいう所に雑種って数少ないんですよね。
それこそ飼われている頭数としては、一番多いはずなのに。
花以外には、いっしょに行った訓練仲間(ムツゴロウさんお墨付きのすばらしい人!)の2頭のワンコ、あとはサンダル履きのちょっと変わったおじさんの連れている犬くらいでした。
ま、別にイベントに連れて来たからって、それがイコール大事にされているってことにはなりませんけれどね。

県内では、終生、登録さえされずに、番犬として庭や畑に繋ぎっぱなしにされて、そのような飼い方をされた犬が脱走したり、捨てられて野犬化したり、仔を産んだりして、結局は処分場へ送られるというケースが、毎年後を絶ちません。
そういう犬たちの、ほとんどが雑種なのです。
タダでもらってきた犬だから、代わりはなんぼでもいる、ってことでしょうか。

ムツゴロウさんのお話の中で
「人との出会いもそうですが、犬との出会いも一期一会です。どんなに大事にしていても、場合によっては、3年、5年で亡くなってしまうことがあります。しかし、それは持って生まれた寿命というものですから、どうしようもないことでもあるのです。どうか、一緒にいる間はかわいがってあげましょう。」という言葉がありました。

そうですね、今この瞬間を生きているのは、我々人間だけではないのです。
「共に生きている」のですから。

♪ミミズたぁって、オケラだぁって♪。。。。。そういえばオケラって最近見ませんね。


IMGP0725.JPG

ニックネーム 空 at 06:59| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

ムツゴロウさん その2

昨日の続きになりますが、D1ピックには訓練仲間の方々と一緒に行きまして、そのうちの一人の方が、ムツゴロウさんに質問する機会を得ました。

「飼育放棄をされた犬を引き取って育てています。はじめは人も犬も猫も嫌いという犬でしたが、なんとか人と犬嫌いは克服しました。ただ、猫だけは未だに大嫌いで、遠目に見ただけでも過剰に反応していまうんです。直す方法はありますか?」

「あなたはすばらしい! 人と犬嫌いは克服したんでしょ。これは犬の訓練士にだって、そう簡単にできることではありませんよ。(みなさん拍手)そのワンちゃんは今何歳ですか?3歳?4歳?う〜ん、猫嫌いは直りませんね。生後80日くらいまでに慣らしておかないと。でも、すばらしいじゃないですか!あなたはどんな訓練士にだってできないことを立派にやり遂げたのです。(またまた拍手)」

質問にはアッサリと「直らない」と答えてくれたムツゴロウさん、でもそれを補って余りある力強さで、褒め称えてくれました。
あの調子でお話されると、妙に納得してしまうから不思議です。
動物に限らず、人をも惹きつけてしまう何かがあるのでしょうか。

小学生の女の子に、例のライオンに咬まれた指を見せて「ほうら、爪がないでしょ。触ってもいいよ〜」とうれしそうにお話されていたムツゴロウさん。
繰り返しになりますが、やはりタダ者ではないようです。


IMGP0744.JPG
ニックネーム 空 at 06:54| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

教えて ムツゴロウさん

全国500万人の花ちゃんファン(ウソつけ)の皆様、お待たせいたしました。
PCは相変わらず不調ですが、なんとかダマシダマシUPいております。

先日の土日、我が家から車で15分ほどの、北谷町という所で「D1ピック」という愛犬のイベントが行われました。
誰でも参加できる、50m走のタイムを競うドッグランや一芸自慢、はたまた犬のためのフードやアクセサリーを扱うお店や動物病院の健康相談などの出展ブースがあり、たくさんの愛犬家で賑わいました。
ドッグランには、花も日頃の逃げ足の速さを披露するチャンス!と参加しまして、5秒44という成績でした。
ラブさん達が軒並み4秒台を叩き出し、ベストタイムは犬種は不明ですが、何と3秒93でしたから、平凡な成績ですね。うーん、もうちょっといけると思っていたのですが、大型犬には敵いません。

さて、このイベントの一番の呼び物といえば、かの有名なムツゴロウさんの「教えて、ムツゴロウさん」というコーナーで、参加者の質問に答えてくださっていました。
これがまた、いかにもムツゴロウさんらしい回答でして

「多頭飼いなんですが、1頭が他の犬のウンチを食べてしまうんです」

「草食動物では普通のことですよ。彼らは親の排泄物から消化酵素をもらうのです。犬でもウンチを食べるのは珍しくありません、動物はみんなそうです。人間だってウンチを食べる人がいますからね。(エエッ?!)イヤならウンチをする場所を分けてあげましょう。(ホッ)」

他には・・・・
「飼い主に対しても血がでるほど本気噛みをするので、アルファになっているのでないかと」

「え?アルファって何ですか?(エエッ?!)」
と、ここでその犬をステージ前に連れてきてもらい、ムツゴロウさん、一緒に無心になって遊びます。

「このコは大丈夫ですね。ま、中には脳がやられているコがいますから、そういう犬は直りません。(バッサリ!)でも、このコは違いますね。(ホッ)」

さすがはムツゴロウさんでして、とっても力強い回答の連続でしたが「動物好き」というのは、こちらにもひしひしと伝わってきました。

最前列に陣取ったおかげで、「ここにもワンちゃんがいますね〜」と花も撫で撫でしてもらいましたが、“おじいちゃんが苦手”な花が、初対面でシッポ振りフリになりましたから、やはりタダ者ではありません。


IMGP0741.JPG
ニックネーム 空 at 00:00| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする