2006年12月07日

一期一会

またまたD1ピックのときの話題で恐縮です。
愛犬のイベントでしたから、それこそ会場は犬だらけ。
中でもミニチュア・ダックスが多かったですね〜。ひとりで3頭、5頭と連れた猛者もいらっしゃいました。
他にもマスチフ、ブルドッグ、レオンベルガー、ミニピン、マルチーズ、コーギー、ビーグル、フラットコーテッド・レトリバー等など、いろんな犬がおりました

でもね・・・・悲しいかな、ああいう所に雑種って数少ないんですよね。
それこそ飼われている頭数としては、一番多いはずなのに。
花以外には、いっしょに行った訓練仲間(ムツゴロウさんお墨付きのすばらしい人!)の2頭のワンコ、あとはサンダル履きのちょっと変わったおじさんの連れている犬くらいでした。
ま、別にイベントに連れて来たからって、それがイコール大事にされているってことにはなりませんけれどね。

県内では、終生、登録さえされずに、番犬として庭や畑に繋ぎっぱなしにされて、そのような飼い方をされた犬が脱走したり、捨てられて野犬化したり、仔を産んだりして、結局は処分場へ送られるというケースが、毎年後を絶ちません。
そういう犬たちの、ほとんどが雑種なのです。
タダでもらってきた犬だから、代わりはなんぼでもいる、ってことでしょうか。

ムツゴロウさんのお話の中で
「人との出会いもそうですが、犬との出会いも一期一会です。どんなに大事にしていても、場合によっては、3年、5年で亡くなってしまうことがあります。しかし、それは持って生まれた寿命というものですから、どうしようもないことでもあるのです。どうか、一緒にいる間はかわいがってあげましょう。」という言葉がありました。

そうですね、今この瞬間を生きているのは、我々人間だけではないのです。
「共に生きている」のですから。

♪ミミズたぁって、オケラだぁって♪。。。。。そういえばオケラって最近見ませんね。


IMGP0725.JPG

ニックネーム 空 at 06:59| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする