2007年02月14日

ラブ系MIX ムイ

昨年の夏、ちょっとだけ預かっていたラブ系MIXのムイに、久しぶりに会いました。
3歳になっても、相変わらず落ち着きはありませんが、以前より逞しくなって毛ヅヤもよく、とても元気そうにしていました。
憶えていてくれたのか、いないのか、花の顔を見るとワンワン鳴いて「遊ぼう!」と催促していました。
大型犬の飼育にあこがれる私としては、ちょっと試したいことがありまして、リードをつけて近所を散歩してみることに。

試したいことというのは、DVDで見た脚側行進の教え方を、ハイパー・ムイでやってみたかったのです。
ムイのいいところは、オスなのに「人間より優位に立とう」とか「よその犬に自分の縄張りを主張する」とかいう行動がまるでなくて、とても気立てがよくて、素直なこと。
本人(犬)は迷惑かもしれませんが、とにかくハンドラーの練習台としては最適です。

オシッコとウンPを済ませたあと、ひたすら(少し歩いて、止まって)と脚側を繰り返しました。
ものの5分もすると、あら不思議、もう人間について歩くことを憶えはじめています。
とはいえ、地面のニオイを嗅ぎだすと、一瞬のうちに「マイ・ワールド」に没入してしまいますから、「人と歩くときは、ニオイは嗅がないんだよ」と、チョンチョンとリードでショックを入れながら、ゆっくり歩きます。
20分ほど散歩して帰ると、こちらが止まると座る、座った状態から「アトヘ」の合図でスっと付いて歩き出すムイになっていました。
ま、繰り返さないと、すぐに忘れちゃうでしょうけど、あの素直さはダイヤモンドの原石を見る思いでした。

リードをはずすと、途端に弾丸野郎になってしまうほどハイパーではありますが、うらやましいほどの跳躍力とデカイ声。
「預かって、ミッチリ訓練したら、ひょっとして救助犬に向いてるかな?」なんて、ふと考えてしまいました。
あ、その前に花ですね。ハイハイ、わかってます。


IMGP1079.JPG
ムイ、こっち向いてよ!

ニックネーム 空 at 00:00| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする