2007年03月20日

行ってきたじぇ〜(服従の巻)

お待たせしました。昨晩、九州より帰ってきました。
着いた日の金曜日は雨でしたが、審査会当日の土、日は天候にも恵まれて、有意義な時間を楽しく過ごせました。
現地でお世話になりました人吉警察犬訓練所の方々、九州救助犬協会の皆々様、ありがとうございました。
こんなブログの画面からで恐縮ですが、改めて御礼を申し上げます。

で、審査会の結果は・・・・×でした。
ま、当然といや当然ですね、そんな甘いもんじゃありません。
私も花も(特に私ですが)ま〜だまだ経験も知識も足りません。
でもね、今まで花に対して「何で調子が落ちていくのか?どうやって意欲を持続させるか?」と悩んでいたりしましたが、いろいろ教えていただいたおかげで、かなり今後にプラスになりそうです。

土曜日は見学だけにして、試験自体は服従、捜索とも日曜日の予定だったのですが、土曜日は受験頭数が少なかったこともあって、服従だけでも今日受けていいよと言っていただきました。
はじめてのワンコがわらわらいる状況では、ただでさえビビリの花ちゃん、犬がたくさんいる翌日になると、どうなるかはよくわかっています。なので、このチャンスを逃す手はありません。
ご好意に甘えて、土曜日に繰り上げて服従と瓦礫審査を受けました。

リードをはずし、常歩での脚側行進、緩歩、早足、脚側からの停座・・・・と、ここらへんまではガマンしていた花ですが、座らせて離れてから「コイ」と呼ぶと、そのまま猛スピードで走ってきて、私を通り過ぎて行きました。
「来〜い!花ぁ〜、コーイ!」何度呼んだでしょうか、見れば彼方でウンチングスタイルです。
脱走して脱糞。。。。。。2歳になって、なかなかシャレのわかる犬になってきました。

試験ですから緊張はしましたし、脱走したときはもちろんヒヤっとしましたが、実はこのとき少しうれしかったんです。
はじめての土地で、且つ他のワンコのニオイがいっぱいついた場所で、私から離れて堂々とウンPができたのですから。
今までの花ちゃんなら、そんな場所はリードをつけていたって、オロオロしてウンPどころじゃありません。
呼び戻して、やり直しをしている間中、「アッチャ〜、やっちゃったな」と思うと同時に、こんなことでも、花にとっては成長の証だろうか?と、つい笑みがこぼれそうになりました。

さて、続きはまた明日です。


IMGP1175.JPG
鹿児島空港にて

ニックネーム 空 at 22:26| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする