2007年04月27日

犬の嗅覚

人間にはどんな感覚なのかとても想像すらつきませんが、犬の嗅覚ってすごいです。
ここんとこ花を見ていてそう思いました。

救助犬の訓練というのは、空気中に漂う人間の浮遊臭をとらえて、そのもとになる場所を特定する(原臭をさがす)ということを、繰り返し練習するのですが、優秀な犬ともなれば、300メートル先のニオイにも反応することができるらしいです。
それも、ただ単に「誰かがいる」って漠然とわかるだけじゃなくて、人が複数いればちゃんと「このニオイとこのニオイは別モノ」ってわかるらしいんですね。スゴイなぁ。
まだまだ、ビギナークラスの花ちゃんは、そこまではいきませんが、でもよ〜く見ていると、風に乗ったニオイに顔を上げ「フッ」と反応する瞬間があります。
人間である私には、その様子から判断することは出来ても、もちろんニオイなど全くわかりません。
彼らは、草むらや市街地などをどんなふうに感じているのでしょう?
一度、体験してみたいもんです。

あれほど嗅覚が鋭ければ、うなぎ屋さんに行って、きっと蒲焼のニオイだけでおいしくごはんが食べられるに違いない、とバカボンのパパみたいなことを考えているのだ〜


20070427.JPG

ニックネーム 空 at 00:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする