2007年05月10日

植松4丁目の夕日

私が生まれ育ったのは、大阪府下のベッドタウン。
今でこそ駅前は、当時を偲ぶ影もないほど、発展しているようですが、昭和40年代のその頃というと、まだ大阪市内に向かう電車に材木や石油を積んだD51がシュポシュポと煙を吐きながら、並走しているような有様でした。

国道以外は車がすれ違うのがやっとの道路に、マッチ箱のような家がひしめく町は、今から思えば随分とゴチャゴチャしていました。
私の生家の横は、人ひとり通るのがやっとの狭い路地で、この路地に沿って長屋がありました。
間取りは4畳半と6畳の和室に土間にある台所とあとから無理やりくっつけたトイレ。
当時のことですから、もちろんお風呂はありません。その界隈では、むしろ家庭にお風呂のないのが普通でした。
この長屋に何世帯もの家族が暮らしていたのですが、そのなかに一人暮らしのおじいさんがいまして、今日はこのおじいさんのお話です。

このじいさん、野良犬を見かけると連れて帰ってきてしまいます。
荷造り用のヒモを犬の首にくくりつけて玄関先で飼うのです。
犬は飼っちゃダメ、と家主であるウチのばあさんがいくら注意しても「ハイハイ、すいません。すいません」と口では言うものの、ちっともすまなそうじゃない様子が子供の目からみても面白い、懲りないじいさんでした。
かといって、近頃たまにニュースなどで見かける犬屋敷になるかというと、そうでもない。
劣悪な食料事情がイヤになるのか、はたまた元の自由な暮らしが懐かしくなるのか、犬のほうから脱走して、いつのまにかいなくなるのでした。
でもって、じいさんは犬がいなくなると、またどこかで拾ってくるのでした。
こんなことばかりしていたので、近所でついたあだ名が「ハチコのおっさん」
ハチコというのは、忠犬ハチ公のことで、大阪弁で言うと最後のウの音を発音しないので、こうなるのです。エテ公(猿)を「エテコ」と言うようなもんですね。
とにかく、犬を拾っては忠犬ハチ公のようになれとかわいがるのですが、なぜか逃げられることの繰り返しですので、親しみと揶揄を込めてこう呼ばれていました。

当時、家主の孫で幼児だった私に、飼ってはいけないという犬を飼っていることのせめてもの罪ほろぼしのつもりだったのかどうか、じいさんは私をよく家に招き入れてはアメやおせんべいをくれました。
仏壇ともいえないほどの、質素な棚の上には、軍刀を腰にぶらさげて、白馬に跨った陸軍将校の写真と位牌が飾られていました。
いつもニコニコして、どこからどこまでが冗談なのか本気なのかわからないようなじいさんが、その戦死したという一人息子の写真を眺めるときにだけ、さみしそうな目をしていたのを、今でもはっきりと憶えています。


IMGP1473.JPG

ニックネーム 空 at 21:13| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

キャンプ イン 伊江島

せっかくの連休に家にいてはもったいないというわけで、伊江島にキャンプに行ってきました。
離島とはいえ、本部港からフェリーで30分ですから、朝出て夕方帰るという日帰りも可能な距離ですし、ユリの花が一面に咲く公園では、ゆり祭りが開催されていましたので、観光バスに乗った団体さんもわんさかでした。

ビーチに近いキャンプ場も、もちろんたくさんの家族連れで賑わっておりました。
幸い人気のないところにテントを張ることができましたので、久しぶりのアウトドアを堪能できると思ったら・・・・

キャンプといえばBBQ,そして夏にはまだ早いのですが、子供たちといえば花火ですね。
テントをたてるときに風向きまでは計算に入れていなかったので、ふと気が付けばほの暗いランタンに照らされた視界が一面曇っています。まるで雲の中に迷い込んだよう。
「おぉ、これぞ伊賀忍者の使う“霞の陣”という忍法じゃな。司馬遼太郎の小説で読んだことがあるぞ。この煙に紛れて手裏剣を投げれば、わしも霧隠才蔵なのじゃ」などと喜んでいる場合ではありません。
彼方から流れてくる、食べてもいない焼肉と、やってもいない花火の火薬のニオイにすっかり辟易したのでした。

救助犬の訓練では「風を読む」ってことが大事なのに、ハンドラーである私がこんなことではいけませんな。
でもね、それこそ肌で感じることができないほど微風だったにもかかわらず、風ってのは確実に流れているのがよくわかりました。
煙のおかけで、普段目に見えない風の流れを見ることができました。
犬たちの感じている世界を無理やり3Dで再現するとしたら、ひょっとしたらあんな感じなのでしょうか?

というわけで、今度から練習のときには風を見られるように発煙筒を持っていきます。
あら、それじゃほんとに遭難者ですね。
海上保安庁に「まぎらわしいことはするな」と怒られそうなので、やっぱりやめときます。


IMGP1447.JPG
ニックネーム 空 at 00:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

こどもの日

05.JPG
ニックネーム 空 at 22:03| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

レスキュー

世はGW真っ只中ですね。沖縄ではやたらと「わナンバー(レンタカー)」を見かける季節になってきました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて先日、そんなGWを利用して、家人のお友達が東京から遊びにきていました。
で、他の友人も交えて夜はどこか居酒屋でも・・・・となったのです。
参加メンバーはアメリカ、カナダ、アイルランド、スペインそして日本人と関西人!
・・・って関西人も日本人ですけどね、でも大阪生まれの私が言うのもナンですが、関西人って日本人の中では異質ですよねー、とくに私の母親と親戚!! と、それはさておき。

そのなかで、沖縄在住のアイルランドの人(おぉ、U2の母国やんけ!)とお話していまして、ひょんなことからお犬様のお話になりました。
聞けばレスキュードッグに興味があるとのこと。こりゃ、最新のヨーロッパの救助犬事情でも聞けるのかと思えば、なにやら様子が違います。アレレ?????
興味があるのは、レスキューはレスキューでも、捨てられたお犬様をレスキューして里親を探すほうでした。

まるで使い捨てのように、犬や猫を捨ててしまう人がいるかと思えば、こんな風にせっせとレスキューする人もいる。
こんな人は一人二人ではないにせよ、どう考えても少数派ですから、いつまでたっても里親を待つ動物は後を絶たないのです。


IMGP1396.JPG

ニックネーム 空 at 00:00| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする