2006年06月21日

花のお友達 その3

花の一番のガウガウ友達、三太くんです。
なにが一番かというと、犬見知りの花が唯一「お尻のニオイを嗅がれても平気な相手」なのです。
兄弟以外では、初めて一緒に追いかけまわって遊んだ相手で、いまでは相思相愛の仲。

三太くんの飼い主さんは、保育園の園長さんなので、遊ぶときは、ありがたいことに保育園まるごと「貸切」状態で心ゆくまで走り回れます。
花にとって、ものすごーく楽しいひとときらしく、保育園の近所の「におい」まで、しっかり憶えています。
なので、車に乗せて保育園の近くまで行くと、約300メートル手前から、ケージの中で「ヒーン、ヒーン」と鳴き出しますから、遊びにいくときは車の窓をしっかり閉めて、エアコンも内部循環にしておかないと、うるさくてかないません。

週に一度、その保育園で三線教室があり、そのときが2匹にとって、楽しいたのしい遊びの時間なのですが、2時間もの間、追いかけたり追いかけられたり、ガウガウ取っ組み合いをしたりと「ひょっとして、お前たちって・・・・バカ?」ってぐらいクレイジーになれるお友達です。

花同様、三太くんにとっても、毎週、心待ちにしている大切な時間らしく、今では三線の音を聞いただけで、「アッ!花が来るッ!!」とソワソワ落ち着きがなくなるそう。
これぞまさに「パブロフの犬」ってやつですね。

20060621.JPG

今日のトレーニング コイ、アトヘ
今日のメニュー ドッグフード&ヨーグルト

ニックネーム 空 at 07:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント