2006年09月08日

雨ニモマケズ

昨日は叱ることについて書きましたが、しつけや訓練で大事なのは、むしろ褒めることですよね。
しつけの本などを見ると「褒める8割、叱る2割」なんて書かれています。

でも、褒めて効果があるのは、あくまで飼い主がソンケーされていればの話。
人間だって、認めてもいなきゃ尊敬もしてない相手に「えらいぞ、よくやった」なんて上からものを言われたって「フン、お前に言われたきゃねーよ」って心の中でつぶやくのがオチです。
はてさて、犬に尊敬されるには、一体どうすればいいのでしょう?

例えば、「東大法学部をトップで卒業」とか「英語、スペイン語など5ヶ国語ペラペラ」なんていっても、犬社会では全く何の価値もありません。
かといって、身体能力においてはオリンピックのメダリストでさえ、犬より速くは走れません。
聴覚や嗅覚は遠く及ばないし、かろうじて視覚だけが勝っている程度です。
そんな不利な状況にある人間ですが、ダテにでかい脳みそを持っているわけじゃありません。
なにかしそうな時、タイミングを逃さず褒めたり、叱ったりして機先を制することで「ああ、この人は何でもお見通しなんだ」と犬から尊敬を得るそうです。
そういう飼い主だと、犬も褒めてもらいたさにすすんで言うことを聞くわけですね。

サウイフモノニ ワタシハナリタイ


DSCN1552.JPG

ニックネーム 空 at 06:55| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャッシュは結構頑固だけど単純だから誉められるときっと喜ぶと思うよ。

犬に尊敬される? そういう人に私もなりたいです・・・・
Posted by キャッシュのマミー at 2006年09月08日 07:35
叱る事は、得意なんですが・・・
褒める事の難しさ???というか。。。
というのも、誉めてるのに犬に全く伝わってない!!
指導手だけが・・・舞い上がってる!!
縮図を、よく見かけます。

ハハハッ><;
何を隠そう。この私です(爆)
Posted by cheeママ at 2006年09月08日 08:16
叱るは落第点だけど、褒めるはばっちり!(なんせ親バカですから)

ぶんにとって私は、なんでもしてくれる痒いところに手が届く人間なのです。
尊敬というよりは、便利とおもわれてますが・・・・。
Posted by kei at 2006年09月08日 08:21
や〜んケイさん、ちゃんとぶんちゃんは判ってると思うケド。。。?うちのパパは間違いなくしずかより下に見られてますね〜それでもいいと本人が言ってますが。。私はどうなんだろ〜?でも褒める時はめっちゃ大げさに褒める様にはしてるんですけどね〜?
Posted by しーちゃんママ、パパ at 2006年09月08日 13:54
最近誉めてもいませんね…(;´Д`)
ヤバイですね。。。
ちゃんと、マギグマの事をみるようにしなきゃな。。。
Posted by ギママギ at 2006年09月08日 18:14
キャッシュのマミーへ
声のトーンを思いっきりハイにして
「GOO〜D BOY!!」なんて
よく外人がやってるよな。
あれだよ、あれ。
Posted by 空 at 2006年09月08日 22:20
cheeママさんへ
あ、それ私もよくあります。
褒めようとしたら、ヒョイと体をかわされて、
「あれ?なんだよ」って。
伝わらないんですよね。
Posted by 空 at 2006年09月08日 22:22
keiさんへ
なるほど、痒いところに手が届くですか。
ぶんちゃんの体型を見ると、分かるような気がします。
Posted by 空 at 2006年09月08日 22:27
しーちゃんママ、パパさんへ
大げさに褒めるくらいでちょうどいいらしいですよ。
ま、ときにはテンション上げすぎて、収拾つかなくなりますけど。
Posted by 空 at 2006年09月08日 22:28
ギママギさんへ
そうだよ〜。
当たり前にできることでも、たまには褒めてあげなきゃ。
「つまんねーから、オイラ家出するぜ」
って言われないようにね。
Posted by 空 at 2006年09月08日 22:35