2006年12月21日

訓練所

もうずいぶんと以前のことですが、ある訓練所に花を連れて見学に行ったことがあります。
しつけと言っても自分で出来ることは限られているし、何よりも「今のこの方法でいいのか?ひょっとして知らず知らずに悪い方向へ導いていないか?」と全く自信が持てなかったからです。

訪れたその訓練所では、初級、中級とレベルごとにクラス分けされており、たくさんの飼い主さん達にそれぞれトレーナーの方がついて、脚側行進や待てなどの訓練をなさっていました。
所長さんのお話をうかがいながら、1時間ほど、見学させてもらって気がついたのは、飼い主がリードを持つと足元にじゃれついたり、リードに噛みついたりする犬が、トレーナーさんに交代した途端、犬が変わったように言うことをききます。
さすがプロ!と言ってしまえばそれまでですが、一体この違いは何だろう?と考えさせられることしきりでした。

コマンドの出し方? それとも指示通りにできたときの褒め方? やらないときのリードでのショックの与え方? それこそいろんな条件が重なって、犬は時によって言うことを聞いたり、聞かなかったりします。
犬の反応は、ある意味とても正直であり、良くも悪くもそうさせているのはハンドラーである人間です。
ということは「犬に教える」ことよりも「飼い主が教わる、勉強する」ことのほうが圧倒的に多い、というのがよくわかりました。

その訓練所では「最初の1ヶ月間はお預かりして、プロが訓練をします。その間は飼い主さんとも面会謝絶です」とのことで、「1ヶ月も会えないのはつらいなぁ。こちらがもちましぇん」と結局は入所しなかった甘チャン飼い主の私ですが、あの日がなければ、こんなことは気づくことが無かったかもしれないと思うと、大変感謝しております。


IMGP0084.JPG

ニックネーム 空 at 06:47| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしも訓練所に預けるのが淋しくて断念したアマちゃんです。

京都では用事がある時、ペットシッターさんに預かってもらうのですがその時のぶんも別犬です。
(この方はぶんがうちに来た時からお世話してもらってるのもあるのか、私以外唯一心を開く人です)
シッターさんのアトヘがなくても、ぴったり横に寄り添い歩いていきます。
さすがはプロといつも感心してます。
Posted by kei at 2006年12月21日 08:35
キャッシュが小さい事トレイナーの前ではすぐちゃんとお座り出来たりとびっくりな事がたくさんあったんだけど よくよく考えて見ると彼女の腰についているおやつ目当てだったようでした・・・
おいおい、キャッシュそんなに食べ物が欲しいのかよ〜・・・
Posted by キャッシュのマミー at 2006年12月21日 10:35
リードを通して、お互いの気が伝わりあうものですよね。
不思議なくらいです。

我が家の長女犬!!の話ですが・・・
あるところで、訓練士(プロ)の方が・・・長女犬のリードを取った途端!!
耳が後ろに下がり、緊張しながらも・・・シッポを振りながらそりゃ〜キレイな脚側行進したのです。我が目を疑いたくなるほどの(爆)長女犬の変りようには驚きました。
やはり、プロといわれる方は・・・技術でメシ食ってますねぇ♪

んがっ・・・
それとは逆に昔、友達のワンコが自称訓練士???と言われる人に訓練を受けてるというので・・・我が長女犬を連れて友達宅に訓練を見学に行った事があるのです。
しばらく、見学していたら・・・その自称訓練士さん??我が長女犬のリードを取ったのです。
するとどうでしょう???
全く反応しなかったのです。
脚側なんて、、、どこへやら???
すると、その方曰く・・・この犬はもっと訓練したほうがイイよ!!なんて・・・余計なお世話です!!

って事は・・・???
Posted by cheeママ at 2006年12月21日 19:50
keiさんへ
このときは断念しましたが、このところ
大人になってきたのか、次第に生意気になってきたので、
超スパルタの訓練所に預けようかなと考えています。
Posted by 空 at 2006年12月21日 22:40
キャッシュのマミーへ
「食べ物が欲しい」これでも立派な動機付けになるらしいよ。
Posted by 空 at 2006年12月21日 22:43
cheeママさんへ
リードを通して「気」ですかぁ・・・
うーむ、なかなか伝わらないのは、どういうわけだろう?
いっそ気功の勉強でもしようかな。

先日読んだ本では、人間のオーラを嗅覚を通して感じ取っているなんて、ちょっと?な説もありましたよ。
美輪明宏じゃあるまいし、オーラを感じ取られたんじゃ、私なんて邪悪なオーラですからね、言う事聞くわけないですな。

それにしても、すごい人がいるもんですね。
引き耳でシッポフリフリなんて、花は未だかつてやったことがありません。
なので見たことないなー。一度見てみたいです。
それが理想なんですけどねー
Posted by 空 at 2006年12月21日 22:55