2006年12月29日

ギター・キッズ

以前、ちょこっとご紹介したことがありますが、家人の従姉妹の息子がドイツからウインター・ホリデーで沖縄に来ています。
先日、早速、おじいちゃんの家にいる彼から「近々遊びにいってもいい?」と電話がかかってきました。
28日の夜ならいいよ、と答えると、お土産を手に喜んでやってきました。

彼の目的は我が家にあるギター。
現在、16歳の彼は、20数年前の私がそうであったように、ヒマさえあればギターを弾いているというギター小僧なのです。
我が家には、これが私の唯一の財産といってもいい1970年製のギブソン・レスポールがありまして、興味のない人にはタダの36年前の古ギターですが、彼のようなギター小僧にとってみれば、垂涎の1本なのです。
そんな彼ですから、その古ギターを手に取ると、1時間でも2時間でも飽くことを知りません。
夜の服従訓練に行きたかった私は、「そのギター、しばらく貸してあげるからさ、今日はもう迎えに来てもらえば?」とお引取り願いました。
そのときの彼といったら、「エ!?借りていってもいいの?」とすごくうれしそうだったのです。こんな高価なものを貸してくれるなんて信じられない、といった顔つきでした。

そう、おじさんは今や、君がギターに夢中なのと同じくらい、犬の訓練が面白くなっちゃったんだよ。


IMGP0732.JPG

ニックネーム 空 at 00:04| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん、太っ腹。
ギターキッズなら大事に扱ってくれるでしょうが、普通なら貸さない×2。

私も借りに行って鑑定団に・・・。
Posted by kei at 2006年12月29日 01:10
えっ〜・・・・
そんなことしていいの〜?
うちの旦那なら絶対貸さないと思うけど・・・
無料だった花の勝ちかい?
Posted by キャッシュのマミー at 2006年12月29日 05:33
 犬の訓練が大好きで、最終訓練にお付合い下さった空様。
今年最後の シュー君からの心ばかりのお礼、気持ち良く受け取って下さったでしょうか。
シューは訓練仲間の皆さんの 「無病息災を祈願する為」身を呈して あえて(ここ強調)ドブ川の中にジャバジャバ入っていったのですよ。
沖縄の離島で島中の家々、道行く人びとに臭い泥をつけて廻る行事がありますね、あれをやったのですが、みんなして『ク〜サ〜イ〜!』だなんて・・・・。
しかし、あの後車の中 風呂場 辺り中、まるで藍染め工房の匂い(?臭い)が立ちこめていたのは確かで。そして今 微かだが シュー君は藍染め職人としての前世をかもしだしている・・・・。年忘れハプニングでした。
Posted by シュー君のママに昇格できないオバちゃん at 2006年12月30日 08:36
keiさんへ
大丈夫です。
「もし、壊したら買い取りだかんね」
と言ってありますから。
Posted by 空 at 2006年12月31日 16:28
キャッシュのマミーへ
「貸してあげる作戦」が功を奏したか
あれから何の連絡もないよ。
Posted by 空 at 2006年12月31日 16:29
今年もあとわずかになりました。
来年もよろしくお願いします。
2007年が花ちゃん一家にとって良い年になりますように♪
Posted by kei at 2006年12月31日 16:31
シュー君のママに昇格できないオバちゃんへ
なるほど、あれはパーントゥだったのですか。
聞きしに勝るすごい臭いでしたね。
思いがけず宮古の伝統行事を見ることができて、
あの場にいた人たちは、来年の厄払いバッチリですね。
ありがたや、ありがたや。
Posted by 空 at 2006年12月31日 16:32
keiさんへ
こちらこそ、来年もよろしくお願いします。
Posted by 空 at 2006年12月31日 16:43