2007年01月24日

高所恐怖症

犬という生き物は、見かけによらず、ホントにデリケートにできているようです。
何らかの行為によって、たった1度でも恐怖を味わえば、その行為は2度としません。
まぁ、進化の過程で長い年月をかけて身に付けた彼らなりの「生きる知恵」なのでしょうから、人に飼われるようになったからって急には変われませんよね。
花の訓練というのは、何かを教えることもさることながら、その「恐怖」や「やりたくない」という思いをひとつひとつ取り除いて「楽しい」に変えていくことでもあるのです。

お正月の自主トレで、花が足場の上など高いところでは吠えられない、ということがわかりました。
人間の背丈ほどもある足場に登れるようにはなりましたが、今のところ、どうやらそこまでが精一杯で、登ってしまうと、もうとても吠えるどころではないようです。
人間の感覚からすると「何で?」と思うのですが、楽しいはずの捜索も、途中にちょっとでも「イヤだな」と思うことがあれば、たちまちテンションが下がって、ヘルパーさんのところにたどり着いたとしても「あれ?ここには何しに来たんだっけ?」となってしまいます。
こうなると、ご褒美のタオルも全然うれしくないただの棒です。

これを克服するには、やはり経験を積むしかないだろう、というわけで、最近、近所の公園の遊具の上に乗せて「吠えろ、吠えろ」「ワン!」「よ〜し、いいコだぁ」を繰り返しています。
はじめは「ハフッ、ハフッ」だったものが、やっと3回に1回くらい「ワン!」になってきました。
まだまだ「楽しい」には程遠いのですが、繰り返せばいずれ自信になると思っています。
きっと、近所では変な人と思われているんだろうなぁ。

ニックネーム 空 at 06:36| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャッシュも以前、外にあった大きなブランコをだいなしにしてしまい 修理をしてもらった矢先 又ブランコにいたずらしようとしたときに板と板の間に自分の手を挟んでしまい 大声で泣いた経験があり それ以来そのブランコにはのりもしません。
やっぱりあの恐怖以来?
こっちはやっとでブランコにのれるぞ!!!と喜んでおります。
この恐怖症は克服しなくてもいいか?
Posted by キャッシュのマミー at 2007年01月24日 08:03
 犬は飼主に似るというか、飼主が犬に似てくるというか。
まあどうでも良いけど『バカは高い所が好きらしい』
私の周りの犬仲間に『馬鹿じゃない人物』は見当たらないようで。
ということは⇒⇒現段階の花ちゃんは⇒「犬が猫被っている!」
Posted by シュー君のママに昇格できないオバちゃん at 2007年01月24日 19:41
どんなものでも、経験する事の大切さ!
諦める事は簡単です。
苦手なもの!出来れば…少ないほうがいいですよねぇ〜。

私は、苦手な物イッパイありすぎます・・・ワンコ達には、苦手克服なんて大層な事言いながら。。。(笑)
Posted by cheeママ at 2007年01月24日 21:14
キャッシュのマミーへ
痛い思いをしてキャッシュもひとつ学んだというわけやね。
ブランコなら怖いままでいいんじゃない?
Posted by 空 at 2007年01月24日 22:52
シュー君のママに昇格できないオバちゃんへ
馬鹿ですって?!失礼なっ!
ただちょっと、犬のことになると周りが見えなくなって、熱くなるだけです。
あ、それが犬バカか・・・・
Posted by 空 at 2007年01月24日 22:55
cheeママさんへ
ビビリな花ちゃんは苦手なものがたくさんありまして、
ひとつひとつ克服するのに、訓練の醍醐味を味あわせてくれる親孝行なコなんです。
「はじめから何でもできちゃうとつまんないでしょ?」と言っております。
Posted by 空 at 2007年01月24日 23:02