2007年03月21日

行ってきたじぇ〜(瓦礫の巻)

冷や汗ものの服従審査のあとは、瓦礫捜索の審査を受けました。
風もそこそこ吹いていたし、花がビビって近づけないほどの瓦礫でもなかったので、「これはひょっとすると?」と、ちょこっと期待したのは、正直なところです。
ですが、発見はしても吠えてはくれませんでした。

ヘルパーさんは二人、花の様子から「あ、こことここにいるな」とはわかりましたが、以前の練習のように見つけた途端にテンション下がりまくり。
それでも一度だけ、見つけた場所でお座りして、私を見つめました。
「頼む。吠えてくれ」と心の中で祈っていましたら、一声、ワン!といってくれましたが、それがそのときの花の精一杯だったようです。

ごめんね〜。勘違いして、意欲を落とす練習をさせた私が悪いのだ。
そんな中でも、よく一声だけでもお前は吠えてくれたよ。ありがとう。

ホント、今回の受験は私が反省することばっかりです。
花がしゃべれれば、きっとこう言うでしょう。
「おっさん、もっと勉強せいや」

さて、平地捜索では、さらに私がやってしまいました〜
ってわけで、また明日。


20070318.JPG

ニックネーム 空 at 12:02| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花ちゃんお帰り。
頑張った様子が伝わってきます。
2歳、そろそろワンコの本質が出る年頃らしい。
オバちゃんは、昨日の記事を読んで、これからの花ちゃんが見えてきた。
だんだん耳が垂れてきて・・・お口が四角くなってきて・・・よだれべチョべチョになって・・・水溜りをみると飛び込むようになって・・・めちゃくちゃハイパーになっていく。
花ちゃんのなぞの父親はラブだったんだ!
Posted by シュー君のママに昇格できないオバちゃん at 2007年03月21日 17:44
シュー君のママに昇格できないオバちゃんへ
違いますっ!!
でもむこうで会った黒ラブちゃんはかわいかったな〜
2頭目は黒ラブもいいかも?なんて
Posted by 空 at 2007年03月21日 22:07
瓦礫は・・・空さん&花ちゃん、審査員&ヘルパーしか分からなかったですからねぇ〜。

でも、花ちゃんがハンドラーに『ココだよ!』っと目で合図を送ってくれたのですね。そこをちゃんとハンドラーが見逃してなかったとは!!さすがです。

『くぅぅ〜吠えてくれぇ〜っ』

気持ち分かります。
念を必死に送ってるんですけどねぇ〜〜〜っ。
それでも、声が出ないときは・・・こっちが変わりに吠えたくなるんですよねっ。

『WON WON WON ♪』っと。。。

そこで・・・空さん!!裏の手使わなくっちゃ。(笑)
ハハッ(汗)インチキはいけませんねっ。
Posted by cheeママ at 2007年03月21日 22:08
cheeママさんへ
念・・・・そうです、必死に送ってました。

そこで思いついたことがひとつ。
念力で自由自在に犬を操る!これです。
「ああっ!そこでウンPはしないでね」
「そう、そこでワンと吠えろ!」
「ヘルパーは右だ。右へ行け」
などとできれば、これは画期的ですよ。
とりあえず、壊れた時計を動かすことから始めます。
ユリ・ゲラーに弟子入りしようかな?
Posted by 空 at 2007年03月21日 22:54