2007年04月10日

マニュアル

訓練仲間がムツゴロウ王国の石川さんが書いた本を貸してくれました。
タイトルは「飼育マニュアルに吠えろ」
昨年のD1ピックでご本人にお会いしたこともあって、一気に読みました。
タイトル通り、これまでの飼育マニュアルの常識を覆す内容です。
例えば、「人間は犬のリーダーにはなれない」とか「人間が食べているものをワンコに与えたってかまわない」とか、詳しい内容は割愛しますが、要はあまりにも「あれダメ、これもダメ」とマニュアルにとらわれすぎるとかえって窮屈で、何の為に犬と暮らしているのやらわからない、もっと気楽でいいんじゃない?といったところでしょうか。
もちろん、野放しってわけではなくて、お互い楽しく暮らす為にも、基本的なしつけは必要だとおっしゃっていますが。
実際、目の当たりにした王国の犬たちは、どのコもフレンドリーで大らかで、でもしつけはちゃんとできていましたから、説得力があります。

食べ物に関しては、離島で24歳まで生きたという伝説のワンコは、人間の残り物とティビチ(豚足)が主食だったと聞きますし、昔、飼っていたドザエモンはスキヤキの残り汁(ネギエキスたっぷり)や味噌汁ぶっかけごはん、フライドチキンや煮魚の骨、トウモロコシの芯、牛乳と今から思えば恐ろしい食生活でもメチャメチャ元気でしたね。
何を思ったか、庭に生えていたニラをバリバリかじっていたこともありますし、カエルやトンボも食べていました。
ここまでくると、マニュアルどうこうよりも、ただの野生かも知れませんが・・・・

何でもそうですが、マニュアルにとらわれ過ぎるとかえって本質を見失うってことがありますよね。
というわけで、私ももうちょっと大らかになることにしました。
そう、服従試験中に脱走してウンPをしたっていいのです。(あ、これはできればやめてもらいたいなぁ)


IMGP1313.JPG

ニックネーム 空 at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
愛情を いっぱい注いだら ワンコも飼い主も楽しい生活が送れますね。
いろんな本を読んだり聞いたりしても 全く反対の事を書いてあったりする。
ムツゴロウ王国のワンコは おりこうさんでいい子ばっかりでしたよね〜
Posted by り〜か〜 at 2007年04月10日 00:10
以前キャッシュにズキニーを与えてみると口にしては見るけどぺっと出してしまいました。
でも庭ではたま〜に草とかたべているんだけどな〜・・・・
Posted by キャッシュのマミー at 2007年04月10日 06:28
私も、最初のころ・・・マニュアル読みまくりました(汗)
でも・・・マニュアル通りにゃ〜いきまへんでぇ。。。
マニュアルの話したら、ベテランさんに、笑われた事あります。。。

自分の家族の事は、自分達が一番の理解者になれば・・・イイんですよねぇ。

大きな器!どこに行けば売ってますかねぇ(笑)


Posted by cheeママ at 2007年04月10日 18:57
り〜か〜さんへ
そうですね、本は書く人によって意見も様々、「いいとこ取り」がいちばん賢いのかな?
そちらはもう落ち着きましたか?
Posted by 空 at 2007年04月10日 22:47
キャッシュのマミーへ
草を食べる?
そーか、ラブだと思っていたけど牛だったんだな。
ついでにビールも飲ませてやれ
Posted by 空 at 2007年04月10日 22:48
cheeママさんへ
犬の性格もそれぞれですからね。
ラブにもビビリはいるだろうし、フレンドリーでハイパーな柴犬だっているだろうし。
マニュアルの落とし穴ですね。
でもこの本読んでから「なぁんだ、ちょっとぐらいなら人間の食べ物をあげてもいいんだ」と昨日はホットケーキの残りをあげました。
残飯処理班になりつつあります。

Posted by 空 at 2007年04月10日 22:55