2007年03月24日

仕事いってきたじぇ〜

今日は、知り合いの保育園にセラピー訪問に行ってきました。

そこは、花のガウガウ友達である三太くんのホームグラウンド。
なので、花はというと車から降りた途端に「おお〜い、三太〜!あそぼーぜー」と興奮しまくり。
おいおい、今日は遊びにきたんじゃないんだってば!
などと理解できるはずもなく、ミョーにハイテンションだったのでした。
ですから、芸の披露のときに、股くぐり歩きから、助走をつけて私の足をジャンプ!・・・・そのまま事務所に三太くんを探しに行ってしまいました。

以前、このブログでご紹介しました紙芝居を初めて使ってみましたが、お話をはじめると、それまでざわざわしていた子供たちがシーン・・・・う〜ん、黄金バットの昔から、時代を問わず紙芝居はウケるのですね。
水飴でも売りゃあよかったかな? あ、商売しちゃいけませんね。

ふれあい活動が終わった後には、園児たちと一緒に給食をごちそうになりました。
「みぃんなそろっていだたきま〜っす」
うう〜、こんなの30数年ぶりですね。
私も含めて、思いっきり時空を飛び越えた1日でした。

それにしても、最近のこどもはすごいですよ。

「ねぇ、犬はバナナ食べる?」

「う〜ん、食べるコもいれば食べないコもいるね」

「じゃさ、アポーは食べる?」

「ア、アポーって、リンゴのこと?」

「うん」

「ひょっとして英語習ってるの?」

「うん」

ひえぇ、まだ保育園児でっせ。

IMGP1273.JPG

ニックネーム 空 at 22:41| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

意欲を!

九州から帰ってきてからというもの、課題は「とにかく意欲を!」というわけで、花に意欲をもっと持たせることに集中しています。
といっても、何も難しいことをやっているわけではありません。
ただ、一緒に遊んでいるだけなんですけど。

物置にしまってあるタオルを引っ張り出してきて、私の目の前にポトンと落として伏せをする、というのが花の遊ぼうの合図なのですが、旅行疲れも全くなく、ヒマをみつけてはこれをやっています。
今までなら「忙しいから、あとでね」と遊ばないこともありましたが、考えてみればこんなときこそ、意欲的に練習するチャンスなのです。

で、ここで問題がひとつ。
救助犬というのは、立っている人や歩いている人には関心を示さず、蹲っていたり、倒れている人に反応して、そばまで行って吠えて知らせます。
教え方は、そういう状態の人がいて、たとえ無視されてもそばでワンワン吠えれば、きっとその人が遊んでくれたりしていいことがある、と繰り返し刷り込むわけです。
花ちゃんも目下、そのように育てているのですが、これが少々やっかいなことに・・・・

家にいるときは、本や新聞を読んだりする時間もあれば、ボーっと座っていたり、たまには「あぁ、疲れた」と寝っころがったりしますよね。
以前はそんな姿に関心を示さなかったのが、このところそばまで来て「ワンワン」と吠えるようになってきました。
腹へったぞーとか、散歩行こうぜーとかの要求吠えとはちょっと違う「無視されても、吠えればかまってくれる」ということを憶えてきたんだろうと思います。
とにかく意欲を出させなくては、というわけで、こうなると遊ばなくてはいけません。
「せっかく吠えたのに、つまんないじゃん」と思われては、パーになってしまいますから、疲れていてもしばらく遊んであげます。

もう迂闊に座ることも、寝っころがることもできません。
おかげで、自分の家だというのに、立ちっぱなしなのです。


IMGP0676.JPG
ニックネーム 空 at 07:12| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

行ってきたじぇ〜(平地の巻)

平地捜索は、ひろ〜いフィールドをふたつに区切ってありまして、それぞれにヘルパーさんがひとりずつ、制限時間内に2人とも発見できればOKです。
前日に下見をさせていただきまして、見た瞬間「ダメだこりゃ」と、いかりや長介のモノマネをしたくなるほど、花ちゃんの苦手な背の高い枯草がボーボー状態でした。

もうこの段階から、私はすっかりのまれていました。
なので当日、風向きを見極める余裕もヘッタクレもありませんでした。
そんな中、テンションも上げず、花を「捜せ」と送り出したのです。

審査員である訓練所の所長さんと、ありがたいことに黒らぶ警備隊のcheeママさんが追従してくれました。
ニオイをたどって歩く花の後を追います・・・・・ホント、情けない話ですが、私はというと、ただフラフラと夢遊病者のように、花の後をついて歩いていただけでした。
後からcheeママさんに教えていただいたのですが、花はちゃんとヘルパーさんのニオイに反応していたそうです、それも2度も。
そんな花のサインを見落として、所長さんのヒントにも全く対応できず、励ましてやることさえできませんでした。
確かにそのとき、2度目のサインは「お、今のはなんだ?」と思いましたが、思っただけでは花に伝わるはずもありませんし、何がなんだか理解できていませんでした。
そんな私に嫌気がさしたのか、制限時間が迫る頃には、飽きてしまった花は地面のニオイスリスリをやってしまいまして、で、そのまま終了。

講評としては「草を掻き分けてでも、横たわった大木を乗り越えてでも、とにかくヘルパーにたどり着きたい、という意欲が足りない」ということでした。
ハイ、仰せのとおりでございます。全て私の責任です。
ごめんねー、花ちゃん。

2日間という短い時間でしたが、とっても勉強になりました。
試験の結果どうこうよりも、貴重な経験をたくさんさせていただきまして、本当に行って良かったと思います。
受験に来ただけなのに、イヤな顔ひとつせず、練習にまで参加させてもらって、皆さんありがとうございました。
心から感謝しております。
課題や克服する方法が見つかっただけでも、今回は大収穫の旅でした。

学んできたことを生かして、いっぱい練習して、また必ず来年行きます!!
「今年はこれぐらいにしといたるわ」・・・・へへッ、負け犬の遠吠えです。。。。。。。


IMGP1214.JPG
黒らぶ警備隊 アクアちゃんと「ハイ、ポーズ」
ニックネーム 空 at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

行ってきたじぇ〜(瓦礫の巻)

冷や汗ものの服従審査のあとは、瓦礫捜索の審査を受けました。
風もそこそこ吹いていたし、花がビビって近づけないほどの瓦礫でもなかったので、「これはひょっとすると?」と、ちょこっと期待したのは、正直なところです。
ですが、発見はしても吠えてはくれませんでした。

ヘルパーさんは二人、花の様子から「あ、こことここにいるな」とはわかりましたが、以前の練習のように見つけた途端にテンション下がりまくり。
それでも一度だけ、見つけた場所でお座りして、私を見つめました。
「頼む。吠えてくれ」と心の中で祈っていましたら、一声、ワン!といってくれましたが、それがそのときの花の精一杯だったようです。

ごめんね〜。勘違いして、意欲を落とす練習をさせた私が悪いのだ。
そんな中でも、よく一声だけでもお前は吠えてくれたよ。ありがとう。

ホント、今回の受験は私が反省することばっかりです。
花がしゃべれれば、きっとこう言うでしょう。
「おっさん、もっと勉強せいや」

さて、平地捜索では、さらに私がやってしまいました〜
ってわけで、また明日。


20070318.JPG
ニックネーム 空 at 12:02| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

行ってきたじぇ〜(服従の巻)

お待たせしました。昨晩、九州より帰ってきました。
着いた日の金曜日は雨でしたが、審査会当日の土、日は天候にも恵まれて、有意義な時間を楽しく過ごせました。
現地でお世話になりました人吉警察犬訓練所の方々、九州救助犬協会の皆々様、ありがとうございました。
こんなブログの画面からで恐縮ですが、改めて御礼を申し上げます。

で、審査会の結果は・・・・×でした。
ま、当然といや当然ですね、そんな甘いもんじゃありません。
私も花も(特に私ですが)ま〜だまだ経験も知識も足りません。
でもね、今まで花に対して「何で調子が落ちていくのか?どうやって意欲を持続させるか?」と悩んでいたりしましたが、いろいろ教えていただいたおかげで、かなり今後にプラスになりそうです。

土曜日は見学だけにして、試験自体は服従、捜索とも日曜日の予定だったのですが、土曜日は受験頭数が少なかったこともあって、服従だけでも今日受けていいよと言っていただきました。
はじめてのワンコがわらわらいる状況では、ただでさえビビリの花ちゃん、犬がたくさんいる翌日になると、どうなるかはよくわかっています。なので、このチャンスを逃す手はありません。
ご好意に甘えて、土曜日に繰り上げて服従と瓦礫審査を受けました。

リードをはずし、常歩での脚側行進、緩歩、早足、脚側からの停座・・・・と、ここらへんまではガマンしていた花ですが、座らせて離れてから「コイ」と呼ぶと、そのまま猛スピードで走ってきて、私を通り過ぎて行きました。
「来〜い!花ぁ〜、コーイ!」何度呼んだでしょうか、見れば彼方でウンチングスタイルです。
脱走して脱糞。。。。。。2歳になって、なかなかシャレのわかる犬になってきました。

試験ですから緊張はしましたし、脱走したときはもちろんヒヤっとしましたが、実はこのとき少しうれしかったんです。
はじめての土地で、且つ他のワンコのニオイがいっぱいついた場所で、私から離れて堂々とウンPができたのですから。
今までの花ちゃんなら、そんな場所はリードをつけていたって、オロオロしてウンPどころじゃありません。
呼び戻して、やり直しをしている間中、「アッチャ〜、やっちゃったな」と思うと同時に、こんなことでも、花にとっては成長の証だろうか?と、つい笑みがこぼれそうになりました。

さて、続きはまた明日です。


IMGP1175.JPG
鹿児島空港にて

ニックネーム 空 at 22:26| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

行ってくるじぇ〜!

明日、16日は花の2歳の誕生日です。
また、1年無事に過ごす事ができました。
神様とお世話になっている皆様には、この場を借りて感謝いたします。
ありがとうございます。

しかし、飛行機に乗るので、花は朝ごはんは抜き・・・・


さて、いよいよ明日、熊本へ出発いたします。

日頃、訓練で協力してもらっている方々のためにも、吉報を持ち帰りたいと思っていますが、花の調子は目下「出たとこ勝負」みたいなもんですから、あとは私がどこまで冷静になれるかかカギでしょうね。

現在の心境はいうと、「初めてのデートの前日の夜」ってかんじでしょうか。
気負いよりも、むしろワクワクしています。

はてさて、どうなりますやら。
試験結果は旅行記とともに、後日UPします。お楽しみに。

20050505.JPG
ニックネーム 空 at 20:37| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

ピットブルのフレッド君

近所に住むアメリカン・ピットブルのフレッド君は、相変わらず分離不安がおさまりません。
飼い主は軍人なので、出勤が夜中だったり、早朝だったりと不定期なのですが、その度に「ギャイ〜ン」と鳴きまくり、飼い主がいなくなってからも、咆哮が30分ほども続きます。
見かけとは裏腹に、とっても気が小さいのです。

いつもベランダから、周囲に睨みを利かせて、人や犬の区別なく、通りがかるものには全て吠え掛かるフレッド君ですから、初めての人は大概ビックリします。
闘犬まるだしのイカツイ顔ですから、そりゃそうでしょう。

私もよく「グワオォ!!」と吠えられるのですが、なんの、私は彼が実はとっても小心だということを知っていますから、そんな時は「なんだよ!文句あっか?!」と立ち止まり睨み返します。
すると、フレッド君、吠えるのをやめて、慌てて視線をそらし、見当違いな方を向いて「さぁて、今日もいい天気だなっと・・」とでも言わんばかりに、急に大人しくなります。
この仕草がおもしろいのなんの。

狭いベランダから出られないので、イライラしてるだけなんだよね。
のべつまくなしの咆哮も、もっと走りたい、もっと撫でてほしい、と懸命にアピールしているだけなのです。
本当はとってもフレンドリーなのに。
脱走して私が捕まえたときなんか、「フレッド!」と呼んだだけで、うれしそうに「ねぇねぇ、僕の名前知ってるの?」とすり寄ってきて、無邪気でまるで子犬のようでした。
せめて、家の中に入れてあげれば?と思うのですがね。
でも、ものすごいパワーですから、きっと廃屋同然にしてくれるでしょうけど。


IMGP0205.JPG
ニックネーム 空 at 21:43| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

God only knows

熊本に行く日が徐々に近づいてきて、「吹っ切れた」なんて言いつつも、仕事が手につかなくなってきた私です。
今の状態でこんなんですから、「もし花が絶好調だったら?」と思うと、正直ゾッとしますね。

というのは、
絶好調で試験に臨む ⇒ 当日、いつもと違う雰囲気に呑まれた花と私、どう修正してよいやらわからずパニックになる ⇒ 恐い顔をして「とにかく捜せ!」と花に命令する、しかし一旦落ち込んだ花は、捜す気ゼロ「あれ?こんなはずじゃ」と私はますますパニックに ⇒ ちっとも楽しくないから、もう捜索なんてイヤと、花が落ち込む ⇒ 全くこれまでの自信を失う私、打ちのめされて「こんな大事なところでヘタ打ちやがって」と花につらくあたる ⇒ もうやめさせてもらいます、と花が家出・・・・ ⇒ 近所のコンビニに「このコを見かけませんでしたか?」と張り紙を貼る私。。。。

という、恐怖の負の連鎖が容易に想像できます。(想像しすぎかな?)

強がりを言うようですが、思えば、この時期に調子を落としたのは「神様のイキなはからい」だったのかも知れません。
もちろん、私も花を連れて海を渡っての試験なんて初めてのことですから、緊張はするでしょうけども、少なくとも結果がどうあれ、花につらくあたるなんてのはしないつもりです。

今なら「2歳の誕生日に、ここまで来れただけでもお前はよく頑張ったよ。おかげで久しぶりの温泉にも入れたし、救助犬の勉強もできた」と言ってあげる余裕があるかな。
早々と敗北宣言? いえいえ、決して諦めてるわけじゃありませんよ。

私は花を信じています。
さぁ、楽しくいこー!!


IMGP1132.JPG
とりあえず寝ましょうよ・・・・
ニックネーム 空 at 22:04| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花ちゃん、元気です

昨日は、画像の瓦礫で遊んできました。
こんな試験ギリギリになって、瓦礫もないもんですけど、途中調子を落としていたので、仕方ありません。

IMGP1152.JPG


とは言っても、まさかこんなとこで本気で「捜せ」なんてやると、またまたイヤになっちゃうといけませんから、いっしょに流木に登って遊んできました。
足場の悪いとこで、初めての場所・・・・もっとしり込みするかな?と思っていましたが、意外やピョンピョンと歩きます。
はしご渡りやシーソーのお陰でしょうか?

その後、いつものグランドへ。

他の犬たちが、捜索しているところを見せて、意欲を高めます。
もちろん、この日は見せるだけ。
「ワオワオ〜ン」と気分を盛り上げて、夜、帰宅しました。

いつもなら、日曜日は帰宅して、ゴハンを食べたらサッサと寝てしまう花ですが、きのうは夜遅くまでタオルを咥えて「遊ぼう!」攻撃が止まりませんでした。
ま、元気なのはいいことだ。
ニックネーム 空 at 07:23| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

一生もん

家人がmixiをやってまして、そこで出会った方に作っていただいた花のウッドクラフトです。
写真を送りましたら、まぁ見事に作っていただきました。
シッポの先まで、まさに花ちゃんです。
こういうものを、一生もんというのでしょうね。
大事にします。

366823575_236.jpg

http://6809.teacup.com/nonaka/shop
ニックネーム 空 at 20:34| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

コミュニケーション

不思議なもので、私が吹っ切れた途端、日増しに元気になっていく花です。
やはりこちらの感情が伝わっているのでしょうか?

もう今の段階で、難しいことにチャレンジしても逆効果になるだけなので、元気なまま受験に行くことのみを考えています。

火曜日には、久しぶりに三太くんと保育園で遊ばせました。
2時間たっぷり走り回った花ちゃん、やはりこういう時間も大事です。
いつもなら、三太くんと遊んだ翌日は、寝起きが悪いのですが、今日は疲れもなく朝からまた元気復活!
家人を相手に「遊べ、遊べ攻撃」をしていたようです。
思えば先月から、用事やら予定変更が続いて、三太くんと保育園で遊ぶ時間がなかったような・・・・
訓練でトーンダウンしていく花に、ご褒美をあげるのを忘れていましたね。

今回、熊本に行くことになったおかげで、またひとついい勉強になりました。
犬にヤル気を出させる、出させない、というのも、ハンドラーの技量だと思います。
今まで「犬を作る」ということに、固執していましたが、犬に教えられることのほうが多いような気がしてきました。

「犬が人を作る」
ハンドラーは観察する目を養わなくてはいけません。
状態を判断することこそ、人間に最も求められているものなのでは?
と、いうわけで、本で読んだアニマル・コミュニケーションにチャレンジします。

花を見つめて、精神統一・・・・意識を読み取ることに集中!

「タオル、どこに隠した?」 「おやつくれ!」

う〜ん、私の修行が足らんのか? 花が単純なのか?


DSCN0606.JPG

ニックネーム 空 at 20:53| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

選考会

先日の日曜日の3月4日、今月の17、18日に九州救助犬協会で試験を受ける犬たちの選考会が行われました。
花ちゃんは、途中で私が一度失敗して、ハンドリングのまずさから、あと一歩というところで、残念な結果に終わってしまいました。
もっとも、「合否にかかわらず、受験には行く」と決めておりましたから、とりあえず勉強のつもりで、熊本には行ってきます。

ただ、問題は捜索意欲なのです。
1ヶ月前の好調が夢か幻だったかのような、ヤル気のなさ。
敢えて、これまでにないほどインターバルを空けて、選考会に臨みましたが、調子は戻らずじまいでした。
理由は簡単。楽しくないのです。
知らず知らず「お遊び」から「お仕事」という雰囲気を作っていたのかも知れません。

でも、おかげで、これで吹っ切れました。
試験に照準を合わせるあまり、花にとって、一番大事な「楽しい」ということを、こちらが忘れていたのです。
とりあえずは、また土曜日に花の大好きなら君とママさんに手伝ってもらって、「楽しい」を思い出させてあげようと思います。
それでダメなら、今回はしょうがないでしょう。
なまじ花の実力を過信して、先を急ぎすぎたこちらの責任です。

オビディエンスにしろ、捜索にしろ、花の幸せを思ってやっているのですから、無理強いするようなことがあっては、本末転倒です。
この先、どうやっても適性がないと判断したら、スッパリと諦めることだって必要になるでしょう。
花の態度は、イレ込みすぎる私への意思表示だったのかも知れません。
わずか2歳の花ですが、言葉は喋らずとも、いろんなことを教えてくれます。
こちらの意思を読み取り、表情や態度で返してくる。
それに応えて、私は声を出したり、いっしょに走ったり・・・・よく考えてみれば、これで充分じゃん。

このコミュニケーションこそ、最近私が忘れていた、当初めざしていたものだったような気がします。

花ちゃん、ありがとうね。
これで、熊本では平常心で試験に臨めそうだよ。
ダメでも、決して怒ったりしないからさ。
お友達になれそうなワンコをいっぱい見つけてこよう!
わたしゃ、黒らぶ警備隊に会うのと温泉が楽しみだ。


IMGP0090.JPG

ニックネーム 空 at 21:54| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

2頭目

花が一人前になったら、2頭目を迎えたいと思っているのですが、どんな犬にするかは夫婦の間でも意見が分かれるところです。
私は、以前ちょっとだけ預かったムイのように、ハイパーでもいいから物怖じしないタイプの犬を磨いてみたい。
対して家人は、この春から動物介在のセラピーの勉強を始めることもあって、おっとりしていて大型の、子供たちが抱きついて触れられるような犬が希望です。

ふたりの間の最大公約数となると・・・・ゴールデン・レトリバーかなぁ。
と、言いつつ、ニューファンドランドのブリーダーのサイトを家人はしゅっちゅう見ています。
なんせ体重60キロ超ですからね、花の6倍かぁ・・・ちょっとムリ?・・・・かな?

ま、そのときの出会い、縁ですからね。どうなるかはわかりません。
ただ、いろんなワンコを例にあげて「どんなタイプがいいかな?」と話し合っているのも、けっこう楽しいひとときなのです。


IMGP0158.JPG
ニックネーム 空 at 00:00| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

紙芝居A

IMGP1120.JPG

まずは、画像をご覧ください。
こどもの落書き? いえいえ、以前お話した紙芝居でんがな。
血の滲むような努力の末、どうにか犬に見えるようになったでしょう?
下書きしたら、家人が色を塗ってくれました。

ホントはダリみたいに、シュールリアリズムを追及しようか?とも思ったのですが、保育園児相手なのでやめときます。

芸術は爆発だ!


ニックネーム 空 at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

体力不足

先日の日曜日に、救助犬認定試験に向けた選考会の説明と、訓練会がありました。

前日の土曜日には、朝から草深い藪に入っての習熟訓練、お昼にはシャンプー、夜は夜で、我が家に次から次へとお客さん&三太くんが来て、日付が変わる頃までハシャギまくった花ちゃんでしたから、もーヘトヘトでした。
まして当日は、生憎の雨・・・・なんたって花ちゃんは、お嬢様ですから、雨が嫌いなのです。
そんなんで、日曜日の午後から行われた訓練では、捜索意欲が普段の半分もありませんでした。
服従に至っては「一応、やってますがな・・・」とでも言いたげに、脚側もトボトボと着いてくるだけ。
速歩では、私から遅れまくりなのが、皮肉なことに、緩歩のみバッチリ歩調が合いました。
よっぽど、疲れていたんでしょうねぇ。
なんて、他人事みたいに言っている場合ではありません。

悪いのは、そう、私です。
花の体力も考えず、土曜日にムリをさせてしまったので、散々な日曜日だったのでした。
日曜の午前中に休ませれば、なんとかなるかな? と思ったのが、大間違いでしたね。

訓練はどうしても、土、日に集中してしまうのですが、これまで土曜日にはヤル気満々だったのが、日曜日になると妙にあっさりしていて、それが疲れによるものだとは、気づきませんでした。
スタミナ抜群のソリ挽き犬とは違って、一晩寝たくらいでは、回復しないようです。
だからこそ、普段はおとなしくて、育てやすいんですけど。

まぁ、いい経験ができました。
熊本に行く直前は、ゆっくり休ませようと思います。


IMGP1106.JPG

ニックネーム 空 at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

犬の幸せ

訓練をしていると、どうしたって厳しくせざるを得ないときがあります。
めざすところは「人も犬も楽しく」というのが、理想ではありますが、そこに至るまでには、時には矯正も必要だからです。

たまに、花に目も合わせてあげない私の姿を見て、家人が「こんな2歳にもならないコに、そこまでするのはかわいそう」と言うことがあります。
そう言うのも、わかります。
私だってそんなときは、「ちょっとカワイソかな?」と思いつつ、心を鬼にしているのです。

ところで、犬にとっての幸せとは、どんなことなんでしょうね?
たらふく食べられること? なんの心配もなしに眠れること? 飼い主を子分だと思って好き勝手に振舞うこと? 気の向くままに散歩して、縄張りを広げること? 好きな人や犬に寄り添って、甘えたいだけ甘えること?
どれも、ある意味、幸せを感じるひとときでしょう。

でも、花には何よりも、「私というリーダーと、群れの一員として共同で作業すること」を幸せだと感じるようになって欲しい、と願っています。
もともと、群れで生きる動物ですから、きっとそうなるし、またそれこそが犬にとっての幸せなのだと信じています。
であるからこそ、毎日々々、オビディエンスに取り組んでいるのです。

そうは言いましてもね・・・・
先日、訓練のときに「ときどき、すごーくテンションの低い日があるんですよね」と協会のエライ人に相談しましたら「○○さん、それはやりすぎだよ。自分だって、ここまで来るには、訓練のしすぎで何頭も才能のある犬を潰してきたよ」と言われました。
なるほど、過ぎたるは及ばざる如し、なのですね。

というわけで、大事な選考会の前だというのに、今週はほったらかしで、何もやってません。
花が「今の方が、シアワセ〜」なんて、思ってたら悲しいな〜。


IMGP0560.JPG
ニックネーム 空 at 00:00| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

紙芝居

小さい子供たちに、救助犬やセラピー犬の仕事をわかりやすく紹介しようと、保育園へのセラピー訪問時に使う紙芝居の製作を計画しています。
ストーリーは大方、考えましたが、問題は絵です。
試しに、自分で描いてみると、「ぷっすま」のクサナギ画伯もビックリの腕前に、家人とふたり笑い転げてしまいました。
犬を描いたつもりが、馬とも豚ともつかない、想像上の得体の知れない怪物になってしまいまして、これではお話が神話かSFになってしまいます。
もうちょっと絵ゴコロがあるつもりでしたけどねぇ。

と、思っていたら、知り合いのそのまたお知り合いのアメリカ人が、イラストを手がけているとのこと。
今度、頼んでみてあげるとのことでしたから、期待しています。

犬は眉毛がないので、絵で感情を表現するのがとても難しいのです。
まずはモデルをじっくり眺めてと、しばらく花とにらめっこしていたら、ケンカを売られたと思ったか、どこかへ行ってしまいました。


IMGP0004.JPG
ニックネーム 空 at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

憧れのハワイ

花のGod Motherを自称する米軍人家族が、6月に沖縄を離れることになりました。
今度の赴任地はワイハ、じゃなくてハワイだとか。
いいなぁ〜ハワイ!! 私も住んでみたい。

私が思うぐらいですから、きっと花もそう思っているでしょう。
なにしろ、あの家に行けば、嫌いな服従をやらされることもないし、ドッグフードも食べ放題、1日中、広い庭でJACKと遊んで、昼寝して、という花にとっては夢のような日々でしょう。

ところが、そうはいかないのだ。
まだまだ、花には仕事がたくさんあります。そのための訓練もしなくてはいけません。
ご隠居生活に入るのは、当分先の話なのだ〜。


IMGP4913[1].jpg
ニックネーム 空 at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

あ”あ”あ”〜

タイトルは、なんじゃそりゃ?ですよね。
これは、驚いたときなどに、口をついて出る「あ〜!!」という音に、あえて濁点がつくほど大げさに発音するものです。
どんな時に使うかと言いますと、花においしくない薬を飲ませるときです。

以前、食べていたお菓子をポトっと落とした家人が、花が食べてはいけないと慌てて「あ、あ〜!」と拾おうとしたら、花と競争になって、先にパクっとやられたそうです。
落ち着いて「出せ」と言えばよかったのですが、慌てていたので、口を開けて取り戻そうと躍起になると、取られまいとして「グルルッ」と唸ったんだとか。
食べたことより、唸ったことに対してアタマにきたので、その後は私が帰宅するまで、ずっと無視しつづけていたんだそう。

帰宅後、この話を聞いて、早速実験してみました。
大好きなレバーの茹でたのを、わざと見せつけて、目の前で落としてみます。
・・・・見てはいますが、拾いません。何度やっても同じです。
そこで、慌てるふうをして「あ”あ”あ”〜」とこちらが拾おうとすると、いきなりパクっとやりました。
なるほど、レバーそのものよりも、これは楽しい競争なんですね。
「どっちが早いか勝負だぁ!」って感じです。
そういうことなら、これを応用しない手はありません。

おいしくない、虫下しの薬を床に落とします。
さも大事なものを落としたかのように、大袈裟に「あ”あ”あ”〜」とやると、パクっと咥えて、ゴクっと飲みました。えらい、いいコです。

しかし、人間はもっとえらい! 
結局、持来のダンベルを持つのをこれで教えました。


IMGP0032.JPG
ふん!なにさ・・・・
ニックネーム 空 at 00:00| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

体調不良?

このところの花は、ちょっと元気がありません。
10日、11日は訓練しましたが、12日は完全休養にあてていたし、睡眠だってたっぷりとっているはずなのに、食後も遊ぼうよと催促することもなく、ハウスに入ってひたすら眠り続けています。
ま、食欲は旺盛ですし、排便も問題ないので、大した事ではないと思いますが。
風邪でもひいたのでしょうか?

家人には「動物に近い」と言われるのですが、私自身、体調がすぐれないときは、よく寝ます。
夜、7時か8時に寝て、翌日の朝までグッスリなんてこともあります。
ひき始めの風邪なんかですと、これでかなり良くなるのです。
なので、きっと現在の花もそういう状態に違いないと思っています。

ホントは、試験に備えて、1日も早く苦手な服従訓練を再開したいところなんですけど、こんな時にやっちゃ逆効果になりかねないので、はやる気持ちをグっと堪えて、眠り続けるままにしています。
普段、バタバタとうるさい奴が、あんまり大人しいと心配ですよね。
「少しくらいイタズラしてもいいから、早く元気になれ〜」と願っていますが、ひょっとして、またしてもそういう作戦なのでしょうか?


IMGP1082.JPG

ニックネーム 空 at 07:15| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする